トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

洞不全症候群とは?よくわかる原因と治療法

スポンサードリンク

皆さんは、洞不全症候群という病気をご存知でしょうか。
あまり聞いたことがない、という方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、多臓器不全などの可能性もあるという怖い病気なんです。

そこで、この病気の原因、そして治療法について今回はご紹介したいと思います。
ぜひ頭に入れておいてくださいね。

b578ed8844b706627041f6958880c33f_s

洞不全症候群とは、不整脈ともいいます。

洞不全症候群とはどんな病気?

この病気はどういった病気なのかといいますと、まずは洞不全症候群は、心臓の収縮の命令を出しているという洞房結節という部位の細胞に異常などが生じることで徐脈を起こすという病気のことなんです。

このように、洞結節が命令を出す回数というものが極端に少なくなったり、さらには命令などが出なくなってしまった状態のことを「洞不全症候群」と言います。

これらの不整脈がおこるといったいどういった症状が起こるのかといいますと、まずは脈拍が極端に遅くなったりします

また、心臓の収縮などに極端に間隔というものが開いてしまいますので、息切れだったり疲れといった心不全症状なども起こります
さらには失神だったりめまいなどの脳虚血症状というものが生じます。

心臓の拍動などが回復しない場合には、突然死することもありますので、要注意です。
このため、上に述べた症状がみられる場合には、早期の治療は必須と考えられているようですね。

さて、治療方法には、どういったものがあるのでしょうか。

治療方法は「薬物療法」と「ペースメーカー」

洞不全症候群の治療には「薬物療法」と、「ペースメーカー治療」の二通りがあるそうです。

薬物治療というものを選んだ場合は、ある程度の効果などは期待できますが、効果というものは必ずしも安定しないことが言われています。

さらには、この薬物治療の影響で、不整脈が起こりやすくなるといった副作用があるようなんですね。

長期間にわたって安定しているという治療効果を得たい場合には、薬物治療よりもどちらかというとペースメーカー治療のほうを推奨されているそうなんですね。

いかがでしたか?
こちらの不整脈の病気ですが、放っておくと大変なことになりますので、こういった初期症状がある場合は早めに治療をするということが必要となります。
脈拍などが遅くなり、心臓の症状がひどくなると命の危険性もありますので、思い当たる症状がある場合は一度病院で検査などを受けることもおすすめします。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top