トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

排卵日の体調不良 原因と改善法

スポンサードリンク

排卵日の体調不良で悩んでいるという方はいらっしゃいませんか?
こうした排卵日の体調不良は大変ですよね。
毎月のことですし、仕事や子育てをしている女性には悩みは尽きません。

こうした、生理前でもないのに、なんだか体がだるい…、体がしんどい…、そうした不定愁訴が毎月のように同じようなサイクルで起こるといった排卵日の体調不良ですが、こちらには原因が実はあるんです。

今回はこの排卵日の体調不良について、その原因と改善法についてご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

64a160b2b13714701ec934966da592c4_s

まずは、排卵というのは、いつに起きるのか、といいますと、まずは生理開始日を第一日目とします。そして、大体、生理予定日の12〜16日前までが排卵日なんです。
この排卵日になると体調不良を起こすという女性が一定数でいるようです。

生理前の不快症状(PMSなど)というものは、よく話題となっていて、メディアでも取り上げられるようになっています。 しかし、人によっては、この生理前の不快症状よりも、排卵日のほうがツライといわれています。

たとえば、排卵日には色々な症状として頭痛や眠気などをもよおすという人も多いようです。

女性ホルモン現象が原因!?

原因は今のところはっきりとはわかっていませんが、まずは排卵日というのは、体が妊娠の準備をしているため、女性ホルモンが減っているといわれています。

ですので、そのホルモンの影響が頭痛を引き起こしているのではないかといわれているのです。
この女性ホルモンの影響というのもは物凄いといわれていて、一説には「一滴のホルモンで、たとえば25Mプールの水を変質させる」ともいわれています。

さらには、人によっては眠気が強くなり、体のだるさを感じるといったことも多くあるようです。
さらには、排卵痛といって排卵日に排卵をしている、卵巣側のおなかが痛むといったケースもあるようです。

こうした排卵日には、本当にいろいろな症状がありますし、その症状というものは人によっても違いがあります。

たとえば、排卵痛というものもありますし、下腹部の左右どちらかが痛いといった場合や、または人によってはどちらも腹痛で痛いというケースもあります。
さらには、排卵出血や、めまい、吐き気などがある場合もあるようです。

これらの症状を和らげるためにはいったいどうしたらいいでしょうか。
まずは、どうしてもこれらの症状が気になる場合は産婦人科を受診するようにしましょう。

マグネシウム入りサプリが効果的

排卵期に多少お腹が痛くなるといった程度なら必ずしも治療の必要というものはありませんが毎月強い痛みが出たり、こうした卵巣出血になるような場合は、低用量ピルというもので排卵を止めて症状が改善させるという治療法があります。

さらには、排卵日に頭痛がありつらいという方は、和らげる方法としてマグネシウムの入ったサプリを摂取すればいいといわれています。ぜひ試してみてくださいね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top