トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

京都葵祭 2015年の日程と見どころ

スポンサードリンク

春になると、全国あちこちで祭りやイベントなどが開催されます。
お祭り好き、イベント好きにはたまらないですよね。

そこで、今回はこのお祭りの一つである葵祭について2015年の日程、そして見どころというものをご紹介したいと思います。

aoi

この葵祭はとても有名なお祭りで、全国各地から、観光客が押し寄せてくるという話題のお祭です。ぜひこの機会に訪れてみてはいかがでしょうか。

京都のお祭というと祇園祭なども有名ですが、この葵祭は、京都のお祭りとして最も早く開催されることになっています。

2015年の葵祭の開催日は5月15日

今年(2015年)の葵祭ですが、開催日時は、5月15日(雨天順延)の予定となっています。
毎年この日時に行われているという、歴史のあるお祭です。

葵祭は京都三大祭のひとつとなっていますし、さらには、わが国の祭のうち、最も優雅といわれていて、さらには古趣に富んだ祭としても、知られています。

京都三大祭りの一つとされているこの葵祭ですが、下鴨神社と上賀茂神社のお祭りとなっています。
正式には、賀茂祭とも呼ぶようで、しかし、葵を身に付けるということなどから、葵祭と呼ばれているそうです。

こちらのお祭りは、なんと日本最古のお祭りと伝えられており、さらには、天皇から勅使が派遣されるという三勅祭の一つ(他は石清水祭と春日祭)として数えられているようです。

京都三大祭りの京都でお祭りと言えば、この葵祭をさすといわれています。

葵祭と言えば5月15日の日に斎王代が都大路などを巡行するといった華やかなイメージがあると思いますが、実はそれだけではありません。

5月15日より前にもいろいろなことが行われています。
流鏑馬神事・斎王代御禊の「前儀」の神事、だったりさらには5月15日より後にも献茶祭・煎茶献茶祭といった「後儀」の神事というものが執り行われています。
詳しくは神事の開催スケジュールなどをチェックしてみてくださいね。

最大の見どころは古典行列

この京都三大祭りの一つの葵祭ですが、中でも大きな見どころというと古典行列ですね。
この古典行列というものは、名前の通り、平安貴族そのままの姿などで行列をつくり、まずは京都御所を出発してから、さらには総勢500名以上という風雅な行列というのが下鴨神社を経ていき、さらには上賀茂神社へ向かうというルートで行列をします。

京都最古の祭の葵祭ですが、この行列のすべてなどに、葵の葉などが飾られているというのも一つの特徴ですンなんといっても主役は斎王代となっていて、この斎王代ですが、毎年京都にかかわりのあるという一般女性の中から選ばれるんですね。

はたして今年の斎王代はということで、こういった選ばれた一般女性を見るというのも見どころの一つとなっています。
 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top