トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ごんごん祭り 2015年の日程と見どころ

スポンサードリンク

春の行楽シーズン、どこかへお出かけされる予定はありますか?4月には、全国各地で色々なお祭、行事などが開催されますので、こうした行事に参加してみるというのもおすすめです。

今回は、富山県氷見市で行われるお祭りの一つである、ごんごん祭りというお祭りについてご紹介したいと思います。

gongon

ごんごん祭の開催日時は、2014年4月17日(木)〜4月18日(金)

こちらのごんごん祭ですが、こちらは雨乞いを満願成就を祝うといった奇祭といわれています。
開催日時は、2014年4月17日(木)〜4月18日(金)となっています。こちらの2日間にごんごん祭、そしてごんごん鐘つき大会といったものも同時に開催されます。

ごんごん祭は、まず、雨乞い成就を喜ぶといったお祭となります。そして、雨乞い成就で鐘を鳴らしたということに由来しています。
17日(木)は宵祭となっていて、そして、15時〜、18日(金)にかけては終日屋台なども出ますので、皆さんでこうした屋台で食べることができます。

18日(金)には、1分間に何回つけるかといったことを競う大会である、「ゴンゴン鐘つき大会」も開催される予定となっています。

こちらのごんごん祭りは、雨ごいの満願成就を祝うという、朝日本町・上日寺においての朝日観音の祭礼となっていますが、言い伝えなどでは、江戸時代初期に大日照りが続き、そして困った人たちが雨ごいをしたことで、恵みの雨がもたらされたといわれています。
雨が降ったことで、農民たちは大喜びしたそうです!

そして、上日寺の鐘を打ち鳴らして、そして皆で喜び、そして祝ったというのが始まりであり、このごんごん祭りの由来であるとされています。

以来、報恩、そして厄よけの法会などとともに力自慢の若者たちなどが長大な松の生木の丸太などで、釣り鐘を連打するようになり、そのため「ごんごん祭り」と名づけられたのです。

見どころは「ゴンゴン鐘つき大会」

今も寺にある鐘つき堂には丸太が置かれており、そして自由に鐘をつくことができますが、イベントとしても「ゴンゴン鐘つき大会」といったイベントもこの祭りでは行われており、県内各地の力自慢の若者たちが参加しています。

1分以内に一体何回つけるかということを、競いあったりします。
こちらのゴンゴン鐘つき大会ですが、力自慢の若者が中心となっていますが、部ごとに分かれており、一般の部をはじめ、さらには、女性の部、子どもの部というものがあります。

ですので、子供もさんかできるということで、お子様連れの方にも大変お勧めです!
このゴンゴン祭り、そして、ゴンゴン鐘つき大会は、県内の人だけではなく、県外からも毎年、多くの人が参加しているようです。

いかがでしたか?

こんな奇祭と呼ばれているユニークな祭りですが、見どころは満載となっていますので、大変おすすめの祭りです。
見たことがない、行ったことがないというかたは、この機会にぜひ参加してみてはいかがでしょうか。
子供からお年寄りまで色々な方が楽しむことができますよ。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top