トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

妊娠中の食事!妊婦が食べてはいけないものは?

スポンサードリンク

赤ちゃんが出来たという喜びは、人生の中で一番幸せな瞬間であり、又、子どもを出産する不安や恐怖も隠し切れないことでしょう。

とは言っても、お腹の赤ちゃんは、刻々と成長してくるわけで、お母さんとしての準備もしっかりとしていかなければなりません。

胎児にとって、大切なのは、成長の為の栄養であり、妊娠中のお母さんが食べたものが、直に胎児の栄養となってくるのです。

733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_s

つまり、お母さんは、胎児にとって、胎児の成長にとって、必要な栄養素を摂取しなければいけないことになります。

勿論逆に妊婦が食べてはいけない食べ物というのもあります。

これは、胎児に悪影響が出る為、事前にきちんと調べておかなければならないので、これを見ている妊婦さんは、今日からでも、食べるのを控えてください。

乳製品類は要注意

それは一体何なのか?というと、乳製品類です。
チーズ等が大好きという人にとっては、妊娠中は辛い思いをすることになりますが、なぜ乳製品が駄目なのかは、リステリアという細菌が原因のようです。

きちんとした殺菌消毒されていない乳製品にて発見されることが多いという細菌で、ラベルに殺菌表示がされていないものは、出来るだけ控えた方が良いでしょう。

又、乳製品のみならず、鶏やガチョウやアヒルといったお肉料理に対しても、細菌が発見されているので、こういった食材も控えましょう。

生ものは食べない

熱によって処理できるこの細菌は、生野菜サラダやソフトクリーム等にも見られる可能性が高いので、料理の上で、生というものは絶対に食べないようにすることも、この細菌対策には大切な要素です。

もしも、食べてしまった場合、この細菌があった場合、どんな症状が出るのかというと、熱や吐き気、下痢等を引き起こすことになり、特に妊婦は、免疫力が低下している為、食べるものに対しては、とてもシビアに慎重に行うようにしましょう。

何と、妊娠していない人に比べると、20倍もの確率で、リステリア症になってしまうということで、新生児の命まで脅かされる恐れがあるので、食材には十分注意して買うことも頭に入れておいてください。

このリステリア症を予防するには、調理をする上で、手や包丁、まな板をしっかりと洗うこと、消毒をすることも忘れないでください。

野菜や果実等も、しっかりと水で洗うこと、調理においても、生で食卓に出すことは無く、出来るだけ加熱してから出すようにしましょう。

妊娠中は、食べ物だけでなく、普段の生活においても、様々な症状を引き起こし、胎児にとっても悪影響が出る可能性が高いので、十分注意しましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top