トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

本当は危険な有機野菜 その理由と問題点

スポンサードリンク

今、食の安全というものが話題となっています。

たとえば、農薬の問題などがあったりして、無農薬野菜を取り入れてみたり、さらには放射能汚染などを気にしたりして、野菜の産地をこだわってみたりなど家庭によっては、色々と食の安全について気にしているおうちもあると思います。

そこで、よく聞く有機野菜、ですが、この有機野菜を使いたい、と思っている方も多いと思います。

0878c19f9c2e434c85e687d16625ad10_s

しかし、この有機野菜ですが、実は危険だということはご存知でしょうか。

安全だと思われがちのこの有機野菜には実は落とし穴があり、色々な危険性が実はあるのではないかといわれているそうです。
なので、今回はこの有機野菜の危険性などをご紹介したいと思います。

有機野菜は100%無農薬ではない

たとえば、有機野菜の問題点は、「無農薬ではないということ」が挙げられます。
有機野菜というとイメージ的に、なんだか無農薬に近いようなイメージがあったり、さらに薬剤を使ってない、体によさそうなイメージというものが先行していますよね。しかし、これは違っています。

有機野菜は100%無農薬ではありません。
無農薬野菜とはまた別になっていますので、こういった点で勘違いしてしまっている人も少なからずいると思います。

むしろ有機と名がついている分、基準というものが色々とあり、この有機野菜と名乗りたいがために、色々と薬剤を変えたりなどそういったことを行っている場合があります。

有機野菜といっても基準というものが明確ではないので、農家の方で有機野菜だ、としてしまうこともできるので、こういった点でも消費者からするとあまり安心ではないかもしれませんね。

さらに、有機野菜を栽培するときに使っているという「有機肥料」ですが、こちらは、牛や豚などといった、家畜などのフンなどから作られているという、「動物性肥料」というものを使っています。

動物性肥料の安全性に問題!?

こちらの動物性肥料ですが、本当に安全なのか?という問題などもありますね。

なんとなく、イメージ的には化学肥料よりも動物性肥料といったもののほうが、自然の恵みがありますし、なんだか自然なものを使っているような感じがして、健康的で、美味しそうな野菜が収穫できそうな感じがします。しかし、これもすべてイメージなんです。

現実には、その「家畜」というものは、自然でもなんでもなく、実は大量の抗生物質というものを投与されて、育てられているというが現実なんです。

このように、大量に抗生物質を投与されて育てられている家畜の肥料というものが本当に安全なのかということは明確にされていません。

有機肥料というといかにも体によさそうな気がしますが、実はこういった仕組みになってしますので、実は化学肥料よりも安全であるという根拠はあまりないのではないかといわれています。

いかがでしたか?有機野菜と一言で言っても、実は危険性があり、実はよく調べてから買わないと案外体には独で合ったりする可能性もあります。様々な問題点が今ささやかれています。
こういったことを頭に入れて、野菜を選ぶ際は慎重に選ぶ必要性がありますね。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top