トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

盲腸(虫垂炎)の初期症状と早期発見法

スポンサードリンク

人は一度は耳にしたことがあるという病気がありますよね。
盲腸はその中でも典型的な病気だと思います。

盲腸は、とても痛いですし、さらにはひどい場合は手術などを行わなければいけませんのでなんにせよ早期発見というものが大切となります。

b995658d958e43c05747a79052f911fa_s

たかが盲腸だから…と軽く考えて、病院に行くのが遅れてしまいますと、盲腸が悪化してしまい、破裂してしまうと腹膜炎になってしまい治癒するのに時間がかかってしまいます。

そこで、盲腸の初期症状というものはいったいどんな症状でしょうか。
この病気の早期発見法というものをご紹介したいと思います。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

虫垂炎の初期症状は右下腹部の痛み

虫垂炎の初期症状として多いといわれているのが、まずは右下腹部の痛みです。
これはとても有名ですよね。
右下腹部が部分的に痛む場合というのはまず盲腸を疑った方がいいでしょう。

さらには、腹部全体の痛みだったりなども起こることもありますので全体の痛みであったとしても要注意です。

たとえば、場合によれば、お腹の痛みだけではなく吐き気などがあり、なんどもおう吐するということもあるようですので、風邪と間違いやすいので要注意です。

風邪と間違いやすいので要注意

さらには、微熱が出たりすることもあるようですね。
しかし、これらの症状だけで、自分で盲腸と断定するのは難しいですよね。

大体が、風邪の場合はこれらの症状はすぐにおさまるのですが、盲腸の場合はどんどんひどくなっていくことが多いです。

どんどんとひどくなっていき、さらにお腹も脈を打つように痛くなっていきますので、やはりこうなったら我慢せずに病院へ行くことが大切となります。

盲腸の簡易チェック法

そこで、ご自身で簡単なチェックをするというのも有効となっていて、簡易的なチェック方法がありますので、ご紹介します。

まずは、お腹の中でも痛みを特に感じる部位などに手を押し当てていきます。そしてすぐに離してみます。

そうした時に、押した後の方が押す前よりも、かなり強い痛みを感じる場合は、こういった場合などは、盲腸の疑いがあるかもしれません。
ですので、早急に病院へいき、そして診察が必要となりますので病院へいくことがおすすめとなります。

さらに盲腸というのは、最初のうちは薬で散らす、といわれる薬物療法があるといわれています。
薬物療法で治ればよいですが、この薬物療法の場合は、再発などの危険性があります。

再発をすることがありますので、再発の場合は、薬物療法をせず手術となることもあるようです。

さらに、初期症状ではなくある程度症状が進んでしまっていた場合は、手術をすることになります。

手術をしないと、盲腸が破裂をしていまい、そうなるとおなかの中に飛び散ってしまい、そうなると色々な症状がでて、治癒するのにとても時間がかかることが多いです。
ですので、手術で盲腸をすばやく切除するという必要があります。

盲腸を切除した後は1週間ほどで退院となりますが、たとえば、盲腸が破裂してしまった場合には1か月ほどの入院が必要となる場合があります。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top