トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

頭ニキビが痛い!かゆい!治らない!原因とできるだけ早く治す方法

スポンサードリンク

頭ニキビに悩んでいる人は多いのではないでしょう。

頭ニキビがやっかいなのは痛くてかゆいこと。
しかも、大きくてなかなか治りづらいんですよね。

頭ニキビができると、美容院に行くのも恥ずかしいし、髪を染めるときにも難儀します。

そこで、やっかいな頭ニキビを治す方法を紹介したいと思います。

64a160b2b13714701ec934966da592c4_s

頭ニキビができる原因

頭ニキビはなぜできるのか?
頭皮は身体の中でも皮脂の分泌が多い場所です。

顔などに比べると、頭皮は毛穴が大きく、皮脂も2倍あると言われています。

毛穴が大きいと、皮脂がたまりやすく、ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖しやすくなるのです。
すると、ニキビも大きくなってしまい、腫れたときは強い痛みをともなう訳です。

普段から帽子やヘルメットを被っている人は特に要注意で、汗をかいたり蒸れたりすることで、頭ニキビが悪化してしまいがちです。

また、シャンプーの後、髪をちゃんと乾かさないと、菌が繁殖しやすくなり、頭ニキビの原因になるようです。

頭ニキビがなかなか治らないのはなぜ?

頭ニキビは治りづらいと言われています。
毎日きちんとシャンプーして頭を清潔に保っているのに、治らないという人も少なくないようです。

なぜなのか?

それはシャンプーのやり方に問題があるからです。

頭ニキビを予防するには、毛穴に詰まった皮脂を取り除けばいいと思い、洗浄力の高いシャンプーで頭を洗う。

実は、これが間違いなのです。

皮脂を取り除きすぎてしまうと、逆に人間の身体は皮脂を過剰に分泌してしまいます。
その結果、頭ニキビが発生してしまうことになるのです。

頭ニキビを予防するシャンプー法

頭ニキビを予防するにはシャンプーのやり方がとても重要となります。

すすぎに時間をかける

シャンプーの後のすすぎが十分でないと、頭皮にシャンプーの薬剤が残ってしまいます。
すると、アクネ菌を増殖させる原因となります。
また、リンスの「すすぎ残し」は頭ニキビの原因になりやすいので要注意です。

すすぎ時間は最低でも3分は取るようにしましょう。

シャンプーは朝ではなく夜にする

頭ニキビを予防するにはシャンプーは夜行いましょう。
頭に汚れが付いたまま一晩寝ると、皮脂が酸化して毛穴をふさいでしまうからです。

皮脂が酸化すると、正常な皮脂が排出されず、頭皮が皮脂まみれになります。

朝シャンプーをすると頭皮が乾燥し、かゆみやフケの原因となるため、頭に付いた汚れは、必ずその日のうちに洗い流すようにしましょう。

頭ニキビに効くオススメのシャンプー

先ほど洗浄力が高いシャンプーは頭ニキビの原因になると紹介しましたが、頭ニキビに効くのは逆に洗浄力が優しく低刺激なものを選びましょう。

洗浄力の優しいシャンプーを見分けるには表示されている成分をチェックするといいでしょう。

成分欄の中に以下の成分が入っているかどうかを確認して下さい。

・ココイル〜
・ベタイン〜
・メチルアラニン〜
・メチルタウリン〜
・サルコシン〜

これらはアミノ酸系の成分で、入っているシャンプーは低刺激でヘアケア効果が高いです。

おすすめのシャンプーは、




上記のシャンプーはいずれも人気があります。

頭ニキビを予防・改善するためにはヘアケア以外にも気をつけなければならないことがあります。

規則的な生活をする

睡眠不足やストレス、運動不足は頭ニキビの治りを遅らせます。
それどころか、症状を悪化させかねません。

生活習慣を整えるようにしましょう。

高脂質・高糖質の食事を避ける

脂っこい物や糖分の多い物はニキビに良くありません。
揚げ物やケーキなどは控えましょう。

ニキビに良い食事はビタミンCやB1を含んだジュース類、ヨーグルトや納豆などの発酵食品です。
積極的に採るようにしましょう。

まとめ

頭ニキビは、痛みを伴い治りにくいというやっかいなものです。
また、様々な原因で発症することもわかっています。

今回ご紹介した治し方や予防法を参考にできるところから実践してみてください。
もし、症状が改善しないようであれば、皮膚科での受診をするようにして下さい。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top