トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

高崎祭り2018年の日程と見どころ 花火大会、交通アクセス、駐車場、とっておきの穴場情報も紹介します!

スポンサードリンク

夏はお祭りの季節。今年はどこに出かけようと考えている人も多いのでは?

そんな人たちにおすすめしたいのが、群馬県高崎市で開かれる高崎祭りです。

高崎祭りは、神輿、和太鼓、阿波踊りなど、伝統芸能が楽しめ、花火大会も行われます。
まさに祭りの楽しさが凝縮された群馬県の人気イベントです。

そこで、高崎祭り2018年の日程と見どころやとっておきの穴場情報も紹介したいと思います。

takasakimatsuri

高崎祭りとは?

高崎祭りは、高崎青年会議所が昭和50年8月に「高崎ふるさと祭り」として第1回大会を開催したのが始まりです。
今年で44回目を迎え、観客数およそ70万人を誇ります。

高崎祭りは、勇壮な神輿のもみ合いや山車巡行などの伝統芸能に加え、北関東最大級の大花火大会が開かれます。

高崎祭り2018年の日程

高崎祭りの2018年の日程は以下のようになっています。

・開催日
8月4日(土)・5日(日)

高崎祭りの2018年の交通アクセス

・電車での交通アクセス
上越新幹線 東京駅~高崎駅下車徒歩約10分

・車での交通アクセス
関越自動車道 練馬IC~高崎IC下車約20分

高崎祭りの駐車場情報

当日は会場周辺の交通規制があるため、駐車場の利用は難しい場合があります。
詳しくは市の観光課に聞いてみて下さい。

問い合わせ:高崎市役所商工観光部 観光課
電話 027-321-1257

高崎祭りの花火大会

打上げ数約1万5000発(昨年実績)を誇る北関東最大級の花火大会です。
花火の種類が豊富で豪華なのはもちろんのこと、大迫力の演出は見逃せません。

・花火打上日
2018年8月4日(土)
※雨天時:翌日に順延、翌日も荒天の場合は中止(予定)

・打上時刻
19:40~20:30

打上数
約1万5000発(昨年実績)

・打上場所
群馬県高崎市八千代町 烏川 和田橋上流河川敷
JR・上信電鉄高崎駅から徒歩20分

高崎祭り花火大会の有料観覧席

花火大会は有料観覧席も用意されているので、ちょっと贅沢にゆったりと眺めのもいいでしょう。

昨年度の有料席は烏川和田橋上流河川敷の1箇所、500席のみ。
料金は「大人2500円、こども(高校生以下)1000円」

有料観覧席は抽選販売となっています。

問い合わせ:高崎市役所商工観光部 観光課
電話 027-321-1257

高崎祭り花火大会の穴場スポット

花火大会を楽しむための穴場スポットをご紹介したいと思います。

高崎タカシマヤ

タカシマヤの上の階にあるレストランから花火を楽しむことができます。
屋上にはビアガーデンがあるので、ビールを飲みながら花火を楽しむこともできます。

高崎公園

高崎駅から徒歩15分の所にある高崎公園は穴場スポットとして知られています。
年々人手が増えていますが、それでもまだ混雑はしていないので、おすすめです。

高崎観音山丘陵

花火の打上会場から徒歩40分とかなり離れていますが、知る人ぞ知る穴場スポットです。
小高い丘から眼下に広がる高崎市街の灯りと壮大な花火を楽しめます。

まとめ

高崎祭りは北関東の人気イベントとして、年々注目されるようになってきました。

夏場は関東各地でいろんな花火大会が行われますが、高崎祭り花火大会はダークホースとして人気が高まっています。

高崎は新幹線も利用でき、交通の便も良いという利点もあります。
まだ行ったことがない人は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top