トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ゴキブリ喘息とは?症状とアレルギー対策もわかりやすく解説します

スポンサードリンク

6月から10月にかけてはゴキブリが活発になる季節です。

湿度が高くダニの場所を好むゴキブリはどんな劣悪な環境でも繁殖し、糞を巻き散らかします。
この糞は人体に侵入しアレルゲンの原因になると言われています。

そんなゴキブリが原因の喘息が増えているのをご存知ですか?

そこで、今回はゴキブリ喘息についてわかりやすく解説したいと思います。

seki

ゴキブリ喘息とは?

喘息は多くの場合、アレルギー物質が原因となって発症します。
アレルギー物質で代表的なのは、ダニやハウスダストです。

しかし、アメリカの大都市ではダニよりもゴキブリによる喘息が深刻な問題になっています。
特に子供の喘息では、ゴキブリが原因であるケースが多く要注意です。

喘息の症状はゼーゼーという喘鳴を伴い、咳がでます。
ただ苦しいだけの症状だと思っているかもしれませんが、重症になると死に至ることもあります。

日本では年間約1,500人が気管支喘息で亡くなっているのです。

ゴキブリ喘息の見分け方

ダニなどが原因の一般的な喘息とゴキブリ喘息はどう見分ければいいのでしょうか?
そこで、いくつかのチェックポイントをご紹介したいと思います。

・梅雨から秋の時期にだけ喘息が出る
・アレルゲン検査でダニが陰性
・喘息が出るのは自宅だけ
・家にゴキブリがよく出る

喘息の症状が出ていて、これらの項目に当てはまる人はゴキブリ喘息の可能性があります。

ゴキブリ喘息の対策

ゴキブリ喘息を防ぐには、部屋の掃除を徹底することです。

ダニだけでなくゴキブリ駆除もきちんと行うようにしましょう。

ゴキブリホイホイなどを台所の周辺に置くというのは基本ですが、他にも対策はあります。

食べ物を置かない

食べ物は冷蔵庫に収納し、密閉容器に入れて保管するようにしましょう。

換気をよくする

ゴキブリは湿気があり、温度の高いところを好むので、台所の収納棚などは、こまめに換気しましょう。

段ボールは処分する

段ボールはゴキブリにとって非常に心地の良く巣になりやすい場所です。きちんと処分するようにしましょう。

隙間を埋める

ゴキブリは小さな隙間に侵入します。サッシの隙間や排水口などはできるだけふさぐようにしましょう。

専門業者に駆除を依頼する

ゴキブリを完全に駆除したいならプロの業者に頼むのが一番です。

ムシプロテックは最大手の駆除業者で全国に加盟店があり、安心です。
ムシプロテックの公式サイト

まとめ

ゴキブリが喘息の原因になるということを知らなかった人は多いのではないでしょうか。

特に、小さな子どもや妊娠中の人、高齢者は注意が必要です。

ゴキブリ喘息を防ぐにはゴキブリを家に入れないことが一番の対策です。
こまめに掃除をしてゴキブリが近寄りづらい環境を作るようにしましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top