トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

緑内障と白内障の違いは?症状や治療法についてもわかりやすく解説します

スポンサードリンク

眼の病気でよく知られているのが、緑内障と白内障です。
どちらも高齢者に多い病気ですね。

漢字で書くと、「緑」と「白」の一字違いのため、似たような病気だと思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、緑内障と白内障は全く別の病気です。

そこで、緑内障と白内障の違いと症状や治療法についてもわかりやすく解説したいと思います。

ganka

緑内障と白内障の違い

緑内障は眼圧が上がることで視神経に障害が起こり、視野が欠けたり狭くなる病気です。
一方、白内障は眼の水晶体が白く濁ることが原因で起こります。

緑内障と白内障の一番大きな違いは回復の有無です。

白内障は基本的には手術をすれば視力は回復します。
しかし、緑内障は一度視神経に障害を受けると、二度と元には戻りません。

そういう意味で、緑内障はとても怖い病気なのです。

では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

緑内障とは?

緑内障は眼圧の上昇などが原因で視神経に障害が出る病気で、日本人の失明原因の第1位です。
40歳以上の20人に1人は緑内障にかかっている可能性があると言われています。

緑内障が怖いのは、罹患者の9割が自覚症状がないこと

頭痛や吐き気が現れることもありますが、多くの場合は自分では気づかないのです。
そのため、症状が進行し、目が見えなくなる寸前に発見されるということもあります。

緑内障の発見が遅れる原因

、緑内障の発見が遅れる原因のひとつは、視野の一部が欠けていても、見える方の眼で補うからだと言われています。
つまり、見えてないことに気づかないために症状が進行してしまうのです。

緑内障になりやすいタイプ

自覚症状がほとんどない緑内障ですが、なりやすいタイプがあることがわかっています。
以下の項目に当てはまる人は要注意です。

・40歳以上
・眼圧が高い
・強い近視
・両親や兄弟に緑内障の人がいる

緑内障の検査

緑内障を予防するには定期的な検査が有効です。
検査は以下のように行われます。

①眼底検査
眼球の底をカメラで撮影したり診察したりして視神経の状態を調べる
②眼圧検査
眼に一定の風圧を加え、眼球のへこみ具合によって眼圧を調べる
③視野検査
検査機の画像を覗き、見えている範囲や感度を調べる

費用は保険適用でおよそ5,000円〜。
眼科医は問題がなくても5年に1度は検査を受けることを推奨しています。

緑内障の治療

緑内障の治療は原則点眼薬で行われます。
症状に合わせて1〜3種類の薬を組み合わせて治療します。

重度の場合はレーザー治療や手術を行うこともあります。

一旦障害を受けた視神経は元には戻りませんが、進行を止めることは可能です。

緑内障になったからと言ってすべての人が失明するわけではありません。
治療を継続することで、症状の悪化を防ぐことができます。

次に、白内障についてみていきましょう。

白内障とは?

白内障は、加齢に伴って発生する場合がもっとも多い疾患です。
早い人は40歳くらいから発症し、80歳を超えるとほとんどの人が何らかの白内障の状態にあると言われます。

白内障も緑内障と同じく、自覚症状がない場合が多く、気がつきにくい病気です。
ただし、白内障は、放置さえしなければ失明することはほとんどありません。

白内障の治療

白内障は一度発症すると、薬では治りません。

ごく初期の発見であれば、薬で進行を抑え、手術を先に延ばすことも可能ですが、最終的には手術をする以外の方法はありません。

白内障手術は、濁った水晶体を取り除き、代りに人工の水晶体を挿入します。
これによって患者は、視力を取り戻し、モノが見えるようになります。

白内障手術は国内で年間140万件行われており、ポピュラーな手術です。
大学病院や総合病院だけでなく、町の眼科でも広く行われています。

手術は眼のみの局所麻酔で、早ければ10~20分程度で終わり、入院の必要ない日帰り手術も普及しています。

まとめ

ということで、緑内障と白内障について解説しましたが、40歳以上の人は注意が必要です。

どちらも自覚症状がほとんどないため、気づかないうちに病状が進行することもあります。
なかでも緑内障の発生率は20人に1人ですから、決して他人事ではありません。

最悪の場合は失明する危険性もあることを忘れないで下さい。

たとえ、眼の異常を感じていなくても、40歳を過ぎたら、定期的に検査を受けることをおすすめします。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top