トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

長野諏訪湖祭湖上花火大会2018年の日程と見どころ 穴場、有料観覧席、交通アクセス情報も調べてみました!

スポンサードリンク

夏の避暑地として人気が高い長野県。
なかでも、諏訪湖は毎とそ多くの人が訪れる観光スポットです。

そんな諏訪湖の夏の人気イベントが「長野諏訪湖祭湖上花火大会」です。
打上数、規模ともに全国屈指の花火大会で、圧倒的なスケールを誇ります。

そこで、長野諏訪湖祭湖上花火大会2018年の日程と見どころ 穴場、有料観覧席、交通アクセス情報も調べてみました!

suwako

・画像引用元:諏訪湖祭湖上花火大会公式ホームページ

長野諏訪湖祭湖上花火大会とは?

長野諏訪湖祭湖上花火大会は昭和24年に始まりました。
終戦後の混乱が続く中、一日も早いを願って開催され、今年で70回目を迎えます。

湖上に設置された打上台から上がる40,000発余りの花火はまさに圧巻。
今では、信州はもちろん、全国でも屈指の規模を誇る人気イベントになっていて、毎年およそ50万人が訪れます。

長野諏訪湖祭湖上花火大会2018年の日程

・花火打上日
2018年8月15日(水)
※雨天時:雨天決行

・打上時刻
19:00~(予定)

・打上数
約4万発

長野諏訪湖祭湖上花火大会2018年の交通アクセス

・電車でのアクセス
JR中央本線上諏訪駅から徒歩8分

・車でのアクセス
中央自動車道諏訪ICから国道20号経由、県道487号を諏訪湖方面へ車で4km。
※無料駐車場あり(4720台) 一部有料。

長野諏訪湖祭湖上花火大会2018年の見どころ

長野諏訪湖祭湖上花火大会の見どころは、全国屈指の規模と打上数です。

・湖面へ華麗に流れ落ちる全長約2kmもの「ナイヤガラ」
「ナイヤガラ」は壮大なスケールはさることながら、周囲の山に反響する花火の音が響き渡ります。

・諏訪湖ならではの水上スターマイン「Kiss of Fire」
水面ぎりぎりで披露される「Kiss of Fire」は水上に半円の花が咲いたようになり、息を吞むほどの美しさです。

長野諏訪湖祭湖上花火大会2018年の有料観覧席情報

長野諏訪湖祭湖上花火大会は、旅行業者向けと個人客様向けの有料観覧席が用意されています。

【旅行業者向け】

・団体席
電話にて受付
 TEL:0266-52-4141

○プレミアム団体席(石彫公園桟敷席) 24マス 
料金300,000円(1マスにつき50名入れます)

○東バル団体席(旧東洋バルヴ桟敷席) 50マス
料金95,000円(1マスにつき50名入れます)

【個人客様向け】

・マス席(181マス)
※販売方法 往復はがきにより6月18日(月)抽選
※受付期間~5月31日(木)必着

○特別マス席(20名入れる桟敷席)
料金150,000円
○一般マス席(20名入れる桟敷席)
料金120,000円

・ブロック指定席(約2,400席)
※販売方法 往復はがきにより6月18日(月)抽選
※受付期間~5月31日(木)必着
料金 5,000円

詳細は→ 諏訪湖祭湖上花火大会公式ホームページ

長野諏訪湖祭湖上花火大会2018年の穴場スポット

長野諏訪湖祭湖上花火大会は有料観覧席以外でも見ることができます。
そこで、観覧の穴場スポットをご紹介したいと思います。

・立石公園

会場から徒歩約30分の公園です。
高台にあるため、花火の全貌が見られ、撮影スポットにも適しています。

・ハーモニー美術館

ハーモニー美術館は約3㎞も離れていますが、会場ほど混雑しないため、ゆっくりと花火をみれます。
美術館の近くには下諏訪駅があり、交通の便も良いです。

・高ボッチ高原

高ボッチ高原は長野県塩尻市にあります。
会場からはちょっと遠いですが、混雑もなく、花火が一望できる穴場スポットです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
長野諏訪湖祭湖上花火大会は観光地で開催されるため、花火以外の様々なレジャーが楽しめます。

また、諏訪湖近辺には、花火大会を見れる宿泊施設もたくさんあります。
有料席付きの宿泊プランを販売している所もあるようなので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top