トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

大曲の花火2018年の日程と見どころ 穴場、有料観覧席、交通アクセス情報も調べてみました!

スポンサードリンク

日本の夏の風物詩と言えば、花火大会。
しかし、一口に花火大会と言っても、ピンからキリまであります。

どうせ花火大会に行くなら、一生の思い出に残るような花火を見たい!
そんな人におすすめしたいのが、秋田県「大曲の花火」です。

大曲は花火の街とも呼ばれ、毎年全国花火競技大会が開かれます。

そして、「大曲の花火」が他とは違うのは、花火師が腕を競う日本一決定戦である点です。
そんな日本一の芸術花火が今年も開催されます。

そこで、大曲の花火2018年の日程と見どころ 穴場、有料観覧席、交通アクセス情報も調べてみました!

oomagari2

・画像引用元:「大曲の花火」公式ホームページ

「大曲の花火」とは?

「大曲の花火」は明治43年に始まった由緒ある花火大会です。
途中一時中断はあったものの、今年で92回目を迎えます。

「大曲の花火」は「昼花火」「10号玉」「創造花火」の3種目で腕を競われます。

審査項目は、デザイン、色彩、創造性で、内閣総理大臣賞、経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、中小企業庁長官賞、観光庁長官賞など数々の賞が授与されます。
そのため、受賞を目指す全国の花火師たちの大きな目標だと言われています。

「大曲の花火」は人気も非常に高く、例年およそ75万人が訪れるという一大イベントになっています。

「大曲の花火」の2018年の日程

・花火打上日
2018年8月25日(土)
※雨天時:雨天決行、強風・大雨の場合は順延(順延日は協議後決定)

・打上時刻
17:30~18:15(昼の部)、18:50~21:30(夜の部)

・打上数
約1万8000発

「大曲の花火」の2018年の交通アクセス

・電車でのアクセス
JR秋田新幹線大曲駅から徒歩30分

・車でのアクセス
秋田自動車道大曲ICから国道105号を大曲橋方面へ車で7km。
※会場周辺の交通規制:あり

駐車場:19,000台
※問い合わせ先:0187-88-8073 大曲商工会議所

「大曲の花火」の2018年の見どころ

全国花火競技大会「大曲の花火」は、参加28社の花火師がその技を競います。

■昼花火の部
昼花火は、全国でも大曲の花火だけ。
見どころは花火の形と鮮明な色彩で、技術的にも非常に手の込んだ高度なものです。

■10号玉の部
10号玉の部は2発の玉で競われます。
一発目の玉は「芯入割物の部」、二発目は「自由玉の部」で、総合点で評価されます。
自由玉は、世界一華麗な芸術美を作り出す究極の花火と言われています。

■創造花火の部
創造花火とは、花火師の創造性を追求したもので、形態・色彩・リズム感・立体感などを競います。
従来の花火の概念を打ち破るような創造的な花火が打ち上げられます。

「大曲の花火」の2018年有料観覧席(桟敷席)

□有料観覧席料金

A席(定員6名) 23,000円
C席(定員5名) 15,000円
イス席(定員1名) 3,000円
(価格はすべて税込)

□販売方法
インターネット受付と直接販売の2通り。
※電話受付は今大会より廃止

・画像引用元:「大曲の花火」公式ホームページ

□直接販売
場所:大曲商工会議所
販売日時:平成30年7月1日(日)9時頃抽選後、販売

□インターネット受付
ローソンチケット専用ホームページ及びイープラス専用ホームページで受付。

・受付
ローソンチケット
イープラス

□受付期間
平成30年6月8日(金)10時〜6月28日(木)23時
※インターネット受付は今年から抽選ではなく、先着順での販売。

「大曲の花火」の2018年会場案内図

会場の見取り図は以下のようになっています。

・画像引用元:「大曲の花火」公式ホームページ

「大曲の花火」の2018年の穴場

有料観覧席以外にも抽選に外れた人のために観覧スポットをご紹介したいと思います。

・河川敷のキャンプエリア
花火大会会場近くのキャンプ場。

・大曲ファミリーキャンプ場
花火大会会場から少し離れますが、花火はきれいに見ることができます。

・大曲中学校周辺
仕掛け花火は少し見にくいですが、打ち上げ花火はきれいにみれます。

姫神公園
会場からは離れますが、高台にあるため、おすすめの穴場的観覧スポットです。

まとめ

「大曲の花火」は一生に一度は見ておきたい究極の花火大会です。

観覧したい方はまず有料観覧席を申し込んでみるといいでしょう。
運良く席をゲットできれば、最高の花火を鑑賞することができます。
有料観覧席のチケットを手に入れられなかったとしても、前述した観覧スポットから花火大会を見れます。

ということで、今年の夏は日本一の芸術花火を楽しんでみてはいかがでしょうか?

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top