トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

長岡まつり大花火大会2018年の日程と見どころ 交通アクセス、駐車場、穴場情報も調べてみました!

スポンサードリンク

夏は花火大会のシーズンです。
全国各地で花火大会が開催されますが、中でも人気が高いのが長岡まつり大花火大会です。

長岡まつり大花火大会は日本三大花火の1つに数えられる一大イベント。
その美しさやスケールの大きさはまさに圧巻です。

そこで、長岡まつり大花火大会2018年の日程と見どころ 交通アクセス、駐車場、穴場情報も調べてみました!

nagaokahanabi

長岡まつり大花火大会2018年の日程

長岡まつり大花火大会2018年の日程は以下のようになっています。

・花火打上日
2018年8月2日・3日
※雨天時:小雨決行、荒天時の順延日は未定

・打上時間
19時20分〜21時15分

・打上数
約2万発(2日間)

長岡まつり大花火大会2018年の開催場所

・電車での交通アクセス
JR上越新幹線長岡駅から徒歩30分

・車での交通アクセス
関越自動車道長岡ICから国道8号を国営越後丘陵公園駐車場方面へ車で3km
駐車場あり(駐車場から直行シャトルバスで20分)

※会場周辺の交通規制あり

長岡まつり大花火大会の歴史

昭和20年8月1日のB29による空襲で旧市街地の8割が焼け野原と化しました。
1,486名の尊い命が奪われた翌年、21年8月1日に開催されたのが、長岡まつりの前身である「長岡復興祭」です。

以来、街の復興のシンボルとして、長岡まつりが毎年開かれ、今では日本有数の花火大会となりました。

長岡まつり大花火大会2018年の見どころ

長岡まつり大花火大会の見どころは何と言ってもスケールの大きさです。

・直径650mもの大輪となる「正三尺玉」
・ナイアガラ
・スターマイン「米百俵花火・尺玉100連発」
・幅2kmにも及ぶ「フェニックス」
・音楽とシンクロしたストーリー性のある「天地人花火」

正三尺玉を間近で見るには長生橋上流、フェニックス花火は大手大橋下流がおすすめです。

長岡まつり大花火大会2018年のチケット情報

長岡まつり大花火大会2018年のチケットは毎年人気が高く、早い段階で完売になります。

・5月6日からコンビニ販売
(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)
・5月14日〜25日 インターネット・郵送で抽選販売
(5月31日〜6月1日抽選・6月15日までに当選通知)
・6月30日〜7月16日 残席のインターネット販売
・7月14日〜7月31日 残席の窓口販売
・8月2、3日 残席の当日販売

・画像引用元:長岡まつり大花火大会公式ホームページ

長岡まつり大花火大会2018年の観覧席

長岡まつり大花火大会2018年の観覧席は信濃川右岸の長岡駅側と信濃川左岸の長野インター側にあります。

・画像引用元:長岡まつり大花火大会公式ホームページ

・信濃川右岸の長岡駅側の料金
1マス 18,000円(180㎝×180㎝定員6人)
ベンチ席 3,000円(定員1人)

・信濃川左岸の長野インター側の料金
1マス 15,000円(180㎝×180㎝定員6人)
イス席 3,000円(定員1人)

※その他、
フェニックスエリア席、
フェニックステーブル席、
カメラマン席、
堤防上マス席、
堤防上テーブル席

まとめ

2018年の長岡まつり大花火大会の情報をご紹介しました。

長岡まつり大花火大会は、チケットも抽選販売になるほどの人気イベントです。
観覧を希望される方は、早めに申込みをすることをおすすめします。

国内の旅行会社では、長岡まつり大花火大会の宿泊付きプランを販売しているところもあるので、そちらを利用してみる方法もあります。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top