トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

癌の治療@知っておきたい!医者の言葉から本音を見抜く方法

スポンサードリンク

今や日本人の3人に1人が癌で亡くなる時代だと言われています。

そんな中、癌治療を行っている患者にとって、非常に気になるのが医者の言葉です。
自分の病状はどうなのか?治るのか?余命はどれくらいなのか?

しかし、医療現場では、本当のことを言ってくれる医者は意外と少ないようです。

医者の本音が知りたい!

そう考える人は多いのではないでしょうか?

そこで、癌治療で医者の言葉から本音を読み取る方法を調べてみました。

doctor2

「ちょっと様子を見ましょう」

多くの人は身体に不調を感じたときは近所の病院に行くことが多いと思います。
しかし、癌というのは専門医でないと診断が困難なものです。

特に開業医は、患者を抱え込みたいという思いが強い傾向があります。
そこで、他の医者に行かせないために「ちょっと様子を見ましょう」という言い方をすることがあります。

すると、患者は医者に言われた通り様子を見て、具合が悪くなったらまた来院してくれます。
しかし、その場合は、癌が進行していたということがあるので要注意です。

「命に関わりますよ」

危機感を持たせて癌治療に専念させるための常套句です。
医者がこうした言い方をするときは、治る可能性があるときです。

「身体に負担の少ない抗がん剤を使いましょう」

医者が手遅れだと思っても、治ると信じて治療を諦めきれない患者は多いものです。

末期の癌患者の中には病院を転々とし、様々な民間療法を受ける人もいます。
そんな患者に対して、医者が使うのが、「身体に負担の少ない抗がん剤を使いましょう」という言葉です。

こういう場合、医者は抗がん剤と嘘を言って、モルヒネを投与することもあります。

「これ以上進まないよう、頑張って治療していきましょう」

医者は癌のステージを聞かれても言わないことがあります。

ステージ1、2など治る見込みがある場合はちゃんと告知します。
しかし、ステージ3、4になると、言わないケースが多いようです。

こうした場合は「がんの大きさは○cmです。これ以上進まないよう、頑張って治療していきましょう」と伝え、最後までステージは伝えないことがあります。

ただし、家族には、何も言わないままで亡くなったら、訴えられる恐れがあるため、きちんと話すようです。

「余命3ヶ月です」

癌治療を行う医者の嘘で一番多いのは、余命に関してだと言われています。

特に若い医師は初対面にもかかわらず、いきなり「あなたは余命3ヵ月です」と言ってくるケースがよくあります。
しかし、実際は違うケースが多いようです。

なぜ余命で嘘をつくのか?
それは自分の余命宣告より早く死んだら責任を追及されかねないからです。

もし余命1年と言ったのに半年で亡くなったら、責められることがあります。
そのため、余命は短めに告げることが多いのです。

余命を短く言うのは、自分の病院に引き止めるためという目的もあります。
余命を長めに言うと、患者はセカンドオピニオンを求めたり、他の治療法は探って、他の病院に行ってしまいかねないからです。

「手術は止め、抗がん剤にしましょう」

開腹手術をしたら想像以上に癌が進行していて、何もできないまま閉じてしまうというケースがあります。
手術では取り除けないほど深刻な癌だった場合は、「手術は止め、抗がん剤にしましょう」と患者に伝えることがあります。

「急に具合が悪くなることもあります」

癌患者の中には、かなり症状が進行していても一見元気に見える人がいます。
そうした場合、医者は「急に具合が悪くなることもあります」という言い方をすることがあります。

これは「かなり癌が進行している」ときの本人への伝え方です。

「がんが再発しました。でも引き続き治療をしていきましょう」

癌は再発・転移が見つかった時点で、治癒は難しいのが実状です。
こうしたケースでは、全身にがんが転移していることが多くみられます。

患者は「治療すれば治るんだ」と期待してしまいますが、実際の病状はかなり深刻だと考えていいでしょう。

まとめ

医者の言葉から本音を見抜く方法を紹介しましたが、仕草や態度からわかる場合もあります。

たとえば、患者と目を合わせない医者。
嘘をつくと目が泳ぐため、そうしている可能性があります。

詳しい説明を求めると不機嫌になる医者も要チェックです。
これは患者に本当のことを言いたくないか、自分の診断に自信がないかです。

言葉だけでなく、医者の態度で本音がわかることもあることを知っておきましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top