トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

MRIとCTスキャンの違いは?長所と短所、料金もわかりやすく解説します

スポンサードリンク

病院での検査で「MRI」「CTスキャン」というのをよく聞きますよね。

どちらも似ているように思いますが、どこが違うのか?
そんな疑問を抱いた方は少なくないのでしょうか?

また、「MRI」「CTスキャン」それぞれの長所や短所、そして料金の違いも気になるところです。

ということで、今回はMRIとCTスキャンの違いをわかりやすく解説したいと思います。

kenshin

MRIとは?

MRIは「Magnetic Resonance Imaging」を略した用語。
日本語では「磁気共鳴画像」と訳されます。

磁気を利用して体内の様子を画像として描き出す検査方法です。

特長は、診断を行なう断面を縦、横、斜めなど自由に撮影できること。

MRIは様々な病気の早期発見、診断に使われ、特に脳、脊椎、四肢、子宮、卵巣、前立腺などの検査に有効とされています。

CTスキャン

CTスキャンのCTは「Computed Tomography(コンピューター断層撮影法)を略した用語です。

CTスキャンはX線で体の横断像を撮影する検査方法です。

身体組織や臓器などで、X線を通しやすさの違いを利用して、病気の診断を行います。
CTスキャンの画像を見ると、正常な組織と病変部ではX線の透過性が異なるため、がんの検査として広く使われています。

MRIの長所

身体断面を様々な角度から撮影できるため、より詳しい診断が行えます。
撮影画像もCTスキャンに比べクリアで、正常組織と病変部のコントラストもはっきりと出ます。

また、X線を使うCTスキャンのような放射線被ばくの心配がないのも特長です。
そのため、小さな子どもや妊婦などが繰り返し検査を受けるのにも適しています。

MRIの短所

検査できる範囲が狭く、検査にも時間がかかります。
骨や肺の状態の診断に向いてません。
また、磁気を利用するため、体内にインプラントなど金属やペースメーカーを埋め込んでいる人は受けることができません。

さらに、MRIの検査は全身がすっぽり入るトンネル型の機器を使うため、閉所恐怖症の人には不向きです。

CTスキャンの長所

CTスキャンはMRIに比べ、検査できる範囲が広く、検査時間も短時間ですみます。
骨や肺の状態も観察できます。

CTスキャンの短所

X線を使って検査するため、放射線被ばくは避けられません。
ただし、CT検査による発がん性は非常に小さいものとされているので、過度に心配する必要はないでしょう。

次に、MRIとCTスキャンの料金についてみていきたいと思います。

MRIとCTスキャンの料金

MRIとCTスキャンの料金はどちらもあまり変わりません。

一例をあげると、
もっとも単純な検査の場合は、

MRI検査 約26,000円→約7,800円(保険適用3割負担)
CTスキャン検査 約20,000円→約6,000円(保険適用3割負担)

CTスキャンの方が少し安いといった感じでしょうか。

CTスキャン検査にはPET-CTという検査があります。
こちらは原則的に保険は適用されず、100,000万円程度の検査費用がかかります。

PET-CT検査とは?

CT検査には、PET-CTという検査もあります。

PETとは「ポジトロン・エミッション・トモグラフィー」の略で、陽電子放射断層撮影という意味です。
PET-CT検査の長所は従来のレントゲンなどの検査では発見されにくかった初期のがん細胞も発見が可能になったことです。

また、PET検査は痛みがほとんど無いため、検査を受ける方にも精神的ストレスや身体的負担の少ない方法と言われています。

MRIとCTスキャンの検査の使い分け方

では、MRIとCTスキャンをどう使い分ければいいのか?

MRIは水分を多く含む臓器や血管などの柔らかい組織の撮影に適しています。
そのため、脳梗塞や脳動脈瘤の早期発見を目的とした脳ドックでよく用いられています。

一方、CTスキャンは水分が少なく、X線を透過しにくい骨の撮影に適しています。
そのため、肺がん・肺炎・結核などの検査で用いられます。

まとめ

では、最後に「MRI」「CTスキャン」の長所と短所をまとめておきましょう。

・「MRI」
長所「放射線被ばくの心配がない」「子どもや妊婦も受けられる」
短所「検査範囲が狭い」「検査時間が長い」

・「CTスキャン」
長所「検査範囲が広い」「検査時間が短い」
短所「放射線被ばくの心配がある」

「MRI」「CTスキャン」は今や代表的な検査方法です。
基本的に保険も使えるので、病気が心配な人は積極的に利用してみるといいでしょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top