トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

実用化に向けて治験が始まったMuse(ミューズ)細胞とは?ES細胞、IPS細胞との違いは?

スポンサードリンク

今、再生医療の研究が急速に進んでいます。

そのきっかけとなったのが、万能細胞・IPS細胞です。
京都大学の中山伸弥教授が発見し、ノーベル賞を受賞したことで、大きな話題となりました。

また、万能細胞といえば、ES細胞というのもあります。

そんな中、注目を集めているのが、Muse(ミューズ)細胞です。

Muse細胞は第3の万能細胞として期待され、実用化に向けて治験も始まっています。
そこで、このMuse細胞とはいかなるものか?
そして、ES細胞、IPS細胞とは何が違うのか?

できるだけわかりやすく解説したいと思います。

saibo

Muse(ミューズ)細胞とは?

Muse細胞は2010年、東北大学医学部細胞組織学の出澤真理教授によって発見されました。

Muse細胞は骨髄、末梢血、あらゆる臓器の結合組織に存在する多能性幹細胞。

Museは、「Multi-lineage differentiating Stress Enduring cell」の略です。
日本語では「多系統分化ストレス耐性細胞」と訳されます。

Muse細胞の最大の特長は自己複製能力を有すること

Muse(ミューズ)細胞を投与すると、損傷部位に移行し、失われた細胞を修復します。

しかも、静脈から投与でき、点滴による治療が可能という利点もあるのです。

Muse(ミューズ)細胞はどんな病気に効果がある?

Muse(ミューズ)細胞は万能細胞であるため、ほとんどの病気が対象になります。

脳梗塞、腎不全、肝障害などさまざまな病気治療に用いることが可能。
動物実験では、急性心筋梗塞の治療ですでに効果が認められています。

Muse(ミューズ)細胞を急性心筋梗塞を発症させたウサギの静脈内に投与したところ、心筋梗塞の部分が縮小し、心機能が回復したのです。

さらに、Muse(ミューズ)細胞がすぐれているのは、他の動物(ドナー)のMuse(ミューズ)細胞でも、効果があったこと。
このため、広く治療に使うことが可能とされ、すでに人間でも治験が始まっています。
将来的には、Muse細胞を静脈注射するだけで、心臓病の治療が行えると期待されているのです。

Muse(ミューズ)細胞とIPS細胞、ES細胞の違いは?

では、Muse(ミューズ)細胞とES細胞、IPS細胞とは何が違うのでしょうか?

実は、Muse(ミューズ)細胞はIPS細胞の元であるとされています。

一体どういうことなのか?

これを説明する前に、まずはIPS細胞とES細胞について簡単におさらいしましょう。

IPS細胞は人間の皮膚などの体細胞を使います。
これを培養することで、様々な組織や臓器の細胞に分化する能力をもつ多能性幹細胞に変化させます。

IPSは「induced pluripotent stem cell」の略で、日本語では「誘導多能性幹細胞」と訳されます。

一方、ES細胞は受精後6、7日目の胚盤胞から細胞を取り出し、それを培養することによって作製されます。

では、ES細胞とIPS細胞との違いは何か?

IPS細胞は採取元が限られるES細胞とは違い、皮膚や血液など、採取しやすい体細胞を使って作ることができます。
また、IPS細胞は、ES細胞とは違って、患者自身の細胞から作製できるため、拒絶反応が起こりにくいと考えられています。

前置きが長くなりましたが、では、本題のMuse(ミューズ)細胞とIPS細胞の違いです。

Muse(ミューズ)細胞がIPS細胞の元であることを実験で突き止めたのは、Muse(ミューズ)細胞を発見した東北大学の出澤教授らの研究チームでした。

その実験は次のようなものでした。

ヒトの皮膚にある線維芽細胞にIPS細胞の作製に使った遺伝子(山中因子)を導入したところ、線維芽細胞に含まれるMuse(ミューズ)細胞だけがIPS細胞に変化することを実証したのです。

これが、Muse(ミューズ)細胞がIPS細胞の元であると言われる所以です。

Muse(ミューズ)細胞の利点は?

Muse(ミューズ)細胞が注目されるのは、その安全性です。

IPS細胞を使った再生医療にはガン化しやすいという問題がありましたが、Muse(ミューズ)細胞にはガンを発症する心配がないのです。

そして、もうひとつの利点は簡便性です。

冒頭でも触れましたが、Muse(ミューズ)細胞は血中に点滴投与するだけです。
すると、勝手に障害部位を認識し、そこに生着して組織を修復してくれるのです。

まさに夢のような再生医療と言えそうです。

まとめ

ということで、Muse(ミューズ)細胞について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

少々わかりにくい部分もあったかもしれませんが、素人的にものすごく簡単に言えば、IPS細胞を使った再生医療の進化形と言ってもいいと思います。

最後にMuse(ミューズ)細胞を使った再生医療の利点をおさらいしておきましょう。

・治療は点滴で投与するだけ
・ガンになる心配がない
・様々な病気治療に使える

すでに治験が始まり、実用化に向けて動き出しているということで、今後大いに期待できそうです。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top