トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

急増するピンポン詐欺とは?高齢者を狙った振り込め詐欺に代わる新たな詐欺の極悪手口

スポンサードリンク

今や大きな社会問題となっている「振り込め詐欺」
その手口は年々巧妙化しています。

そんな振り込め詐欺に代わって今、急増しているのが、「ピンポン詐欺」です。

「ピンポン詐欺」は高齢者を狙った新手の詐欺で、被害に遭う人が増えています。

そこで、この「ピンポン詐欺」の手口と騙されない方法をご紹介したいと思います。

akutoku

ピンポン詐欺とは?

ピンポン詐欺のピンポンは玄関のチャイムのことを言います。

振り込め詐欺が電話を使って「もしもし」で始まりますよね。
これに対し、ピンポン詐欺は直接家にやってきて、「ピンポン」とチャイムを鳴らすことからそう呼ばれます。

ピンポン詐欺は様々な方法でお金をだまし取ろうとします。
その代表的なのが、リフォーム詐欺です。

リフォーム詐欺が進化したピンポン詐欺

リフォームを騙るピンポン詐欺のターゲットは築年数が経った一軒家です。
その手口は以下のようなものです。

ある日突然、作業服の男が自宅にやってきて玄関のチャイムを鳴らします。
「すいません、近くでリフォーム工事をやっている者です」

男はこう名乗った後、次のように続けます。
「たまたまお宅の屋根を見たんですが、瓦が外れていますよ。
このままだと危険なので、よかったら見てみましょうか?」

これがリフォーム詐欺の始まりです。

家主は家が危険だと言われると、不安になります。
そこで、見てもらうよう頼みます。

すると、男は屋根に登って写真を撮ってきて見せます。
「ほら、屋根の瓦が壊れているでしょ。
おそらく家の壁が腐っていると思いますよ」

そして、こう続けます。

「今ちょうど工事をやってるんで、ついでに修理しましょうか。
機材はあるから安くできますよ!」

これがリフォームのピンポン詐欺の手口です。

業者は屋根に登ってわざと瓦を壊しています。
家主はそんなことはつゆ知らず、修理を頼んでしまうのです。

手抜き工事で数百万円を請求

こうしてリフォームを請け負った業者は、仲間の悪徳建築工事会社に修理を丸投げします。
すると、今度は工事業者がやってきます。

そして、屋根だけでなく、家の土台も腐っている。
修理しないと、大変なことになると脅して、高額な工事代金を請求してくるのです。

実際、数百万円から1千万円以上を請求されたという例も少なくありません。

さらに、問題なのは、修理をした人の中には騙されたと思っていない人も少なくないこと。
かくして、次なる詐欺のターゲットにされてしまうことになるのです。

リフォームは悪徳詐欺の入口にすぎない

ピンポン詐欺が悪質なのは、リフォームは詐欺の入口に過ぎないということです。

彼らはグループで、リフォームを皮切りに、生前の遺品整理や相続の相談などを持ちかけてきます。

就活アドバイザーや遺品整理コンサルタントなどを名乗って、金をむしり取ろうとします。

家にある骨董品や貴金属などを安く買い叩いたり、相続税を安くする方法だといって、怪しい投資話をもちかけてくるのです。

お金がなければ家を担保に借金させる!

高齢者の中にはお金がないケースもあります。
しかし、悪徳業者はあきらめません。

お金がない、払えないという高齢者には「リバースモーゲージローン」を提案し、お金を支払わさせるのです。

「リバースモーゲージローン」とは、一定年齢以上の人を対象に、銀行が融資する商品。
利用者は自宅の土地・建物を担保として銀行に差し入れます。

そして、現金が必要になったら、銀行が定めた金額の範囲内で借り入れることができるというもの。
死後に家を売却することで、借入金をチャラにできるというのが売りです。

悪徳業者は信託会社を装って、「リバースモーゲージローン」を持ちかけ、不動産の所有権を移転させて、お金をだまし取るのです。

一度騙された人は何度も騙される!

詐欺業者の間では、格言のようなものがあります。

それは「一度騙された人は何度も騙される!」というもの。
実際、国民生活センターなどの調査でも「同じ人間が複数の詐欺に遭う」という結果が出ています。

悪徳詐欺グループの間では、こうした騙されやすい人間の名簿が出回っています。
このため、ターゲットされた人は何度も詐欺に遭ってしまうのです。

ピンポン詐欺にだまされない方法

ピンポン詐欺にだまされない方法はたったひとつです。

家を訪ねてきた人の話には絶対乗らない。

これだけは必ず守りましょう。

たとえどんなに心を動くような話でも相手にしない。

うまい話が向こうから来ることは絶対にない。
こう自分に言い聞かせて下さい。

もし、どうしても気になるようであれば、自分から調べるなどの行動する。

これがピンポン詐欺にだまされない方法です。

まとめ

詐欺の手口はどんどん進化しています。
ピンポン詐欺も巧妙化しており、グループで高齢者をターゲットにします。

彼らのやり口は高齢者を不安に陥れることです。

知らない人に何を言われても、無視する。
赤の他人があなたの心配などしてくれることはありえない。

そう肝に銘じて、不審な訪問者とは一切関わらないようにしましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top