トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

月1億円以上稼ぐ人もいる17Live(イチナナライブ)その稼ぎ方と危険性をわかりやすく解説

スポンサードリンク

ネットでの映像配信で稼ぐと言えば、YouTuberがすっかり有名になりました。

そんな中、ユーチューバーをしのぐ勢いで稼ぐ人が続出しているのが、17Live(イチナナライブ)というアプリを使った稼ぎ方です。

彼らは、17Liver(イチナナライバー)と呼ばれ、「有吉ジャポン」でも紹介され、話題になりました。
スゴイ人は何と月収1億円以上稼ぐ人もいるという17Live(イチナナライブ)。

その稼ぎ方と危険性について、調べてみました。
わかりやすく解説しますので、ぜひ読んでみて下さい。

17live0

17Live(イチナナライブ)とは?

17Live(イチナナライブ)は、2015年に台湾でスタートしたライブ配信アプリです。
17は17歳以上が使用できるという意味です。

現在、ユーザーは全世界4,000万人突破!
YouTubeとの一番の違いは、ユーチューブが動画を制作するのに対し、17Live(イチナナライブ)はその名の通り、ライブ配信である点です。

ちなみに、「有吉ジャポン」で紹介されたmaaamiさん。
一日に2回、朝と夜に分けて各2時間の配信するだけで、月300万円を稼いでいるそうです。

番組では、台湾のトップライバーである小雪さんの月収が1億円以上であることも紹介され、スタジオが騒然となりました。

17Live(イチナナライブ)の登録法

17Live(イチナナライブ)は、スマホアプリをダウンロードするだけで、簡単に始められます。

iPhone版アプリのダウンロードはコチラ

17live1

アプリをダウンロード後は初期設定を行います。
そのまま登録作業をすると、電話番号認証など面倒な作業が必要となりますが、ツィッターのアカウントを持っていれば、登録はとても簡単です。

17live2

ツイッターでログインを選べば、使っているアイコンと名前がそのまま引き継がれます。
フェイスブックでもログインできます。

この方法なら、電話番号を入力する必要はありません。
ツイッターは複数のアカウントを作れるので、17Live(イチナナライブ)専用のアカウントを作ることもできます。

17Live(イチナナライブ)の使い方

初期登録が終われば、あとは配信ですが、これは実に簡単です。
画面下の4つのアイコンを使います。

17live3

・画面下の一番左のアイコンがコメント
・左から2番目のアイコンはSNSでシュア
・ハートマークのアイコンは「いいね!」
・一番右のアイコンがギフト

このギフトが17Liver(イチナナライバー)の収入源となるのです。

17Live(イチナナ)の稼ぎ方

上記のギフトは、視聴者がプレゼントを有料で購入します。
そして、17Liver(イチナナライバー)へプレゼントできます。
これは「投げ銭」と呼ばれ、舞台でのおひねりと考えればいいでしょう。

視聴者が購入した投げ銭は運営側とライバーが受け取ります。
配分比率は非公開で、折半とまではいかないようですが、ライバーはそれなりに優遇されているようです。

ちなみに、視聴者の多くは中国や台湾の人たちです。
17 Liveが稼ぎやすい理由は中国語圏で大流行しているからです。

日本の人口は約1億2700万人に対し、中国語圏(中国や台湾、華僑など)の人口は14億人以上。
日本の人口の10倍以上のユーザーが配信を見てくれる可能性があるのです。

ギフトの買い方と贈り方

視聴者が17Liver(イチナナライバー)にギフトを贈るときは、ギフトボタンを押します。
すると、以下のような画面が出てきます。

17live4

ポイントを買うには購入ボタンを押します。
スマホの料金と一緒に払う方法、クレジットカードで払う方法が選べます。

1ポイント約1円、最小のギフトは約50円です。

そして、ギフトを贈りたい17Liver(イチナナライバー)にプレゼントしたいスタンプを押します。
これで、ライバーは収入を得ることができるのです。

まさに投げ銭ですね。

ちなみに、もらったギフトはどうやって換金するのか?
調べてみてもなかなかわからなかったのですが、ペイパルという決済システムを使うことがわかりました。

ペイパルは海外版ヤフオクとして知られるebayなどで、使われている世界的に有名なシステムです。
このペイパルを介して、口座に入金されます。

稼ぐ17Liver(イチナナライバー)はどんな人?

月に1億円以上稼ぐ人もいるという17Liver(イチナナライバー)ですが、稼げる理由は視聴者数です。

先に紹介したように、14億人もの中国語圏をユーザーに持つため、人気を得れば、ギフトがどんどん贈られてくるのです。
中国の富裕層には、17 Live好きの視聴者が結構いるようで、日本の女性ライバーが人気です。

実際稼ぐ日本の17Liver(イチナナライバー)は中国語しゃべれる人もいるようです。

気になるのは、どんなライブを配信するのか?
お金を稼ぐためには・・・ちょっと変な想像をしてしまいますね。

でも、多くのライバーはただ歌を歌って聴かせたり、トークしたり、パフォーマンスしたり・・・
正直たいしたことはやっていません。

普通の女の子からタレントの卵まで様々です。
ただ、稼いでるのは美女が多いようです。

いずれにしろ、稼ぐ子は、中国人の一定のファンが付いていて、定期的にライブ配信することで、安定した収入を得ているようです。

17Live(イチナナライブ)の危険性

17Live(イチナナライブ)で稼ぐには顔出しは避けられません。
となると、個人が特定されたり、撮影場所によって個人情報が漏れる可能性があります。

視聴者を増やすには、SNSとの連携が必要となるため、悪意の書き込みが殺到し、炎上することだってないとは言えません。

ちなみに、17Live(イチナナライブ)は登録後退会できないようです。
これはいろいろと調べていてわかったんですが、退会手続きをするページがないみたいです。

退会できないからと言って、何か被害を受けるわけではないでしょうが、アカウントがずっと残るというのは、イヤだと思う人は多いのではないでしょうか?

17Live(イチナナライブ)は、日本に入ってきてからまだ日が浅いので、大きなトラブルは起きていないようですが、今後何があるかはわかりません。

まとめ

月収1億円以上稼ぐ猛者もいるという17Liver(イチナナライバー)。
1日に数時間ライブ配信するだけで、高収入が得られるとなれば、やってみたいという人も多いと思います。

ただし、現実はそうは甘くなくて、稼げている人はほんの一握りです。
顔をさらすライブ配信という方法もリスクを伴います。

とはいえ、魅力的な稼ぎ方であることには間違いありません。
それにしても、ネットってホントスゴいですね。
昔なら考えられなかったような稼ぎ方ができちゃうんですから。

ということで、17Live(イチナナライブ)で稼いでみたいという人は、よーく考えてやってみてください。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top