トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

米子がいな祭 2017年の日程と見どころ

スポンサードリンク

「つながりひろがる 顔の祭 がいな魂呼び覚ませ」が、
今年2017年のテーマとして決定した、鳥取県米子市で毎年行われる“米子がいな祭”。

がいな、というのは米子の方言で“大きい”という意味の言葉です。

今年のテーマを読み取ってみると、人と人とのつながりを大きくして、
どんどん大きく広げていこう!…といったところでしょうか。

まだ、日程以外の詳細な情報が公式ホームページにもないのですが、
毎年大盛況の花火大会など、お祭りの見どころについてまとめていきたいと思います。

yonago

米子がいな祭 2017年の日程

<日程>7月29日(土)、30日(日)

<花火大会>30日(日)20時〜20時45分まで予定、米子市湊山公園にて

昨年は様々なステージイベントや、水鉄砲で打ち合うバトルイベント
「Water Fight」がとり行われました。

ステージでは、歌手の山根万理奈さん、お笑い芸人のメイプル超合金の2人も登場するなど、
大きな盛り上がりを見せていたようです。
今年はどんなゲストが呼ばれるのでしょうか?とっても楽しみですよね。

また、米子駅前ではいくつもの提灯を高く束ねて積み上げた万灯を灯す「がいな万灯」も、
夏の夕暮れの中でとり行われます。

そのほか、町のあらゆる地区でショーなどが繰り広げられているので、
一日中楽しみは尽きないでしょう。

米子がいな祭 2017年の見どころ

さて、夜になって一番楽しみなのはやはり花火ですよね!

30日(日)の花火大会では、約6000発の花火の打ち上げが予定されています。
息つく間もなく、どんどん連続で打ち上がる花火の迫力は、お腹の底から響く音も相まって、
夏の厚さを吹き飛ばしてくれるよう。

例年は6万人以上もの人が見物に来るので、当日慌てないように行動することが、
花火を思い切り楽しむためのポイントになるでしょう。

米子がいな祭 2017年の交通アクセス

最寄りとなるのがJR山陰本線「米子駅」で、そこから歩いて15分で到着します。

車の場合は、駐車場探しが大変なので、かなり早い段階から
会場近くに待機することをお勧めします。
臨時駐車場などは、今のところ作る予定が無いようなので、
なるべく電車と徒歩での移動をおススメしたいところです。

米子がいな祭 2017年の穴場スポット

人込みを避けたいときは、湊山公園から少し離れたところにある
「錦海公園」が穴場です。

離れてはいますが、花火を遮るものがないので、
広い視界でちゃんと見れるのがポイントです。

米子市で長年愛され続けている米子がいな祭。
花火はもちろんのこと、日中のイベントも思う存分楽しんで、
夏の思い出にしてみてはいかがでしょうか。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top