トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

AKA博田法の効果と評判は?わかいやすい解説動画も紹介します

スポンサードリンク

腰痛などの体の痛みを、どこかしらに抱えている人の数は、
年齢や性別を問わず年々増加傾向にあるようです。

体の痛みを抱えていると、ただ座っているだけなのに辛い、少し動いただけで激痛が走る…
など、日常生活を送るのが困難になってしまうところが一番の問題です。

また、椎間板ヘルニアなどの腰の痛みの場合は、治療も大掛かりになり、
なかなか治らない…という点もまた困難。

何かいい体の痛みの治療法はないのだろうか?という中で生まれたのが、
「AKA博田法(エーケーエー・はかたほう)」という治療方法です。

まだ認知度が低いこの治療方法。
実際のところ評判はいいのでしょうか?

また、その効果やどのような治療方法なのかも、詳しくまとめていきたいと思います。

0dbb73357f47b70a93ed170320528205_s

AKA博田法とは?

AKA博田法のしくみ

AKA博田法は腰痛を新しい観点から治療するやり方で、博多節夫氏によって開発されて、
今現在でも改良を重ねられている方法です。

本来は、動きが悪くなった関節を治療する方法として開発されたのですが、
関節と体中の様々な場所の痛みとの関連性が証明されるにつれて、
“あらゆる痛みの改善方法”として知られるようになりました。

AKA博田法の考え方の最大のポイントは、
『痛み、しびれ、コリなどの原因は関節からくる』というところ。

普通、頭痛であれば風邪をひいたのか、はたまた脳の病気かと考えますし、
腰痛でも腰の骨全体が重たくて痛いので、関節に問題があるなんてなかなか考えないでしょう。

しかし、整形外科に行ったり、他の科で治療を進めても全然治らないという場合、
その場所の骨や筋肉ではなくて、離れた場所の関節が問題を抱えていることが多いのです。

この関節を治療することこそが、AKA博田法の最大の目的なのです。

関節と痛みの関係とは

関節は骨と骨のつなぎ目であり、骨同士がじん帯で繋がっていて、
骨と骨の間には軟骨がクッションの役割として存在しています。

関節の動きというのは、通常はとても滑らかなのですが、
これが何かが原因で動きにくくなると、骨同士がこすれて炎症を起こしてしまいます。

しかし、それだけでなく、「関節反射」と言って、関節の周りの筋肉やじん帯も
一緒に痛くなったり、緊張状態になってコリが強くなるなどの症状も現れます。

これがとても強く起こるのが、骨盤にある“仙腸関節(せんちょうかんせつ)”という
足の付け根に近い場所の関節で炎症が起こった時です。

骨盤の中心部、腰のちょうど中央に位置する関節で、ここが傷むと腰痛だけでなく、
全身の様々な場所が傷む原因となってしまうのです。

例えば、足の先がしびれる、首がとてもコる…こういった症状に悩まされて、
その場所に治療を行っても治らない。
そんな時は、仙腸関節からくる痛みかもしれないということ。

こんな時にこそ、AKA博田法が活躍するのです。

AKA博田法のやり方

関節を治療すると聞くと、痛い注射をしたり、
強い力で関節を動かすようなものをイメージしてしまいますが、
AKA博田法の場合は患者さんはベッドに横たわってるだけで大丈夫なんです。

医師や術師は、問題となる関節に手を当てて、ごくごく優しい力でマッサージや
指圧の様に、少しずつ関節を動かします。

患者さんによっては、本当に触れられているのか解らないほど、
本当に優しい力での治療なので、怖がらなくても大丈夫です。

関節と腰痛の関係や、実際に施術しているところは、
以下の動画で知ることができます。

AKA博田法の対象外

関節からくる痛みを取り除けるAKA博田法ですが、
全ての痛みやしびれを治せるわけではありません。

☆怪我をしたばかりの骨折や打撲、捻挫
※治って時間がたっても痛い場合はAKA博田法で治療可能

☆内臓疾患での体の痛み
☆痛風やリウマチ
☆精神疾患(うつ病)などからくる痛み
☆軟骨が減っている場合の関節痛

これらの痛みに関してはAKA博田法では治療することができないので、
他の治療方法を選択することになるでしょう。

また、うつ病の様に整形外科ではなんともできない疾患が隠れているときには、
正しい診療科を選んで治療していきましょう。

AKA博田法の評判は?

AKA博田法で治療をした患者さんからの多くは、

・これまで長い間悩んでいた痛みが消えた
・マッサージのようで痛みもなく、治療が楽だった
・痛みの原因を知ることができて、気持ちも楽になった

などの、喜びの声が上がっています。

痛みというのは原因不明だからこそ不安になりますし、
いつまで続くのだろうというストレスも溜まっていく一方でしょう。

それを、これまでとは違う観点からスッキリ治せるのですから、
AKA博田法への期待はとても大きいようです。

だた、AKA博田法は関節の炎症の度合いによって、治療期間が異なります。

1、2回(2〜3週間)の施術で改善する場合もあれば、
長ければ半年以上かかってしまうことも。

誰にでも即効性がある治療法という訳ではないので、長くなればなるほど、
結局治らないんじゃないか…という気持ちになってしまう患者さんもいるようです。

継続して治療していくことこそが大切なのですが、精神的にも長い治療は大変です。
そういった面で、もっとすぐに治る方法をと、治療から離脱してしまう人もいます。

ですが、AKA博田法の評判は概ね良いというのが結論です。
新しく開発され、今でも改良されている方法だからこそできる、
痛みの改善治療を求めている人はたくさんいるのでしょう。

そんなAKA博田法の詳細な内容と、体験者の声は
以下の動画でもチェックできます。

まとめ

AKA博田法は、どんどん改良を加えられて進化し続けている“関節”のずれや
炎症に着目した、体の痛みの治療方法です。

治らない腰痛、頭痛、肩こりなどなど、なかなか治らない痛みを抱えている人の
救世主的な治療法となっています。

治療を受けた方からの評判も良く、治療自体に痛みを伴うこともないという点でも、
今注目を受けている方法です。

もし、現在原因不明の痛みを抱えているという人は、
この治療法について相談できる病院へ通ってみると良いでしょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top