トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

産後の食事@食べるといいもの、食べてはいけないものは?

スポンサードリンク

出産は女性にとって戦いと言っていいほど辛いもの。

しかし、辛いのは産む時だけではありません。
妊娠している長い期間も、同じくらい辛いことがたくさんあるのです。

そのひとつが、好きなものを好きなだけ食べるわけにはいかない…
というストレスです。

だからこそ、産んだのだから好きなものをたくさん食べたい!
これからは気にせず食べられるんだ!と考えてしまうものですが…
そうもいかないのが現実です。

syokuji11

特に母乳で育てていくお母さんには、まだまだ食べ物の制限は終わらないでしょう。

また、産後だからこそ積極的に取りたい栄養素もあり、
それは体の回復の速さに影響します。

出産は終わっても育児のスタートはここからです。
産後に良い食べ物、避けておきたい食べ物を知っておきましょう。

○産後に良い食べ物

・鉄分豊富なもの

出産時やその後の出血、母乳が作られる過程で
貧血気味になることが多いので、鉄分を多くとりましょう。

このとき、レバー、まぐろ、貝類などの「動物性食品」からの鉄分と、
ひじき、ほうれん草などの「植物性食品」からの鉄分を、
両方取れると好ましいでしょう。

・カルシウムを含むもの

妊娠中、赤ちゃんの骨を作るために母体はカルシウム不足に陥っていました。

カルシウムは骨や歯を作るために必要ですが、イライラを緩和する働きもあるため、
牛乳、高野豆腐、小魚などで手軽に取り入れていきたいですね。

・ビタミンAを含むもの

産後は免疫力が低下します。
そのため、免疫力をアップさせる栄養素である、
ビタミンAが取れる食べ物はとてもオススメです。

緑黄色野菜、白身魚で毎日の献立を組んでみるのもいいでしょう。

○産後に気を付けたい食べ物

産後、食べ物について気を付けておきたいのは、
特に母乳で育てていくお母さんです。

母乳からはお母さんが口にしたものの栄養が赤ちゃんに行き渡りますし、
食べたものによって味も変わってしまいます。

特に、

・香辛料がたっぷりのもの
・脂っぽい食べ物
・砂糖が多いもの

は、母乳に大きな影響を与えるのでたくさん食べないように気を付けたいものです。

また、脂っぽいものは乳腺を詰まらせ、
どろっとした母乳になってしまう可能性が高いので要注意です。

さらに、タバコ、カフェインを含むもの、アルコール類には気を付けなければなりませんが、
少量なら大丈夫と言う医師もいます。飲み薬に関しても同じです。

不安なことは自己解決せずに、なんでも自治体の保健師や助産師、
小児科医に相談してみてください。

ただし、あれもダメなんだ、これもダメなんだと考え過ぎず、
時には育児のストレスを発散させるために、
好きなものを食べてみてもいいのではないでしょうか。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top