トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

産後ダイエット@これだけはやってはいけない5つの注意点

スポンサードリンク

産後、赤ちゃんを産んでホッとしたのもつかの間、
自分の体型を鏡で見てビックリ!というお母さんは少なくないのではと思います。

体重制限をクリアしていたとしても、ホルモンの影響で脂肪がついて
下半身はふっくらとしてしまい、妊娠前のパンツが入らない…なんてことも。

また、骨盤が開くことで赤ちゃんが生まれてくるので、
それが徐々に元に戻るまではお尻が大きく見えてしまいます。

mama1

だからこそ、できるだけ早く産後ダイエットを始めたいものですが、
出産という大きな仕事を終えた後のダイエットだからこそ、
気を付けなければならないことがあります。

気を付けないと自分の体だけでなく、赤ちゃんにも影響が出てしまいます。
しっかりとチェックしていきましょう。

1.ダイエットの時期

妊娠中に付いた脂肪は、とても柔らかくて燃焼しやすいもののため、
産後半年間が一番落ちやすいと言われています。

だからと言って、産んですぐに運動を始めるのはやってはいけないこと!
産後1ヶ月間は開いた骨盤が不安定だったり、子宮の回復、体力の回復のために
とにかく体を休ませなけれないけません。

この時期に無理に動くと、更年期障害の症状が強く出たり、
比較的若いのに更年期障害が出てしまうと言われています。

そのため、せめて1か月後からスタートさせ、
その時も、ストレッチや骨盤の体操程度からにしましょう。

2.食事制限のしすぎ

これは特に母乳育児のお母さんに言えることですが、痩せるためにと
「○○しか食べない」とか「炭水化物を取らない」なんてことはNG!

母乳が出にくくなりますし、そもそも母乳を通して栄養をもらう赤ちゃんへ
必要な栄養が届かなくなってしまいます。

制限するなら、間食をやめる、おやつを低カロリーにするなどにしておきましょう。

3.骨盤矯正を行っていない

産後にスッキリ痩せるためには、開いた骨盤を元に戻さなければなりません。
そのためには、骨盤体操や骨盤ベルトをはめるなどの対策が必要で、
自然に元に戻るわけではないので気を付けておきましょう。

4.独自の骨盤ケア

前述して、骨盤ケアをしなければならないと書きましたが、
自己流で進めていくのは危険です。

余計に骨盤のバランスが悪くなったり、体のゆがみに繋がってしまうことも。

骨盤体操のDVDを見て行ったり、整体院などで
状態を見てもらってのケアがオススメです。

5.ストレスが発散できない

慣れない育児とダイエットとを両立させようとすると、
自ずとストレスが溜まっていくことでしょう。

それが、育児に影響を及ぼしてしまっては意味がありません。

例えば、好きなものを食べても良い日を作る、家族に預けて休む日を作るなどして、
育児もダイエットも強いストレス源にならないようにしたいですね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top