トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

赤ちゃんの夜泣きがひどい!いつもと違うときは病気が原因かもしれません!

スポンサードリンク

育児中のママにとって一番やっかいなのが夜泣きではないでしょうか?

ミルクもあげたし、オムツも変えたのに泣き止んでくれない!
やさしく抱っこしても背中をさすっても泣き叫ぶ!

夜中に何度も起こされて、毎日睡眠不足!
泣きたくなるのはこっちだ!と思うママも多いのでは?

夜泣きそのものは病気でも何でもなく、脳の成長過程において起こるものです。
不快であることを泣いて知らせてくれるサインのようなものなので、あまり心配することはありません。

しかし、急に激しく泣きだしたり、ずっとあやしても泣き止まないなど、いつもと違う泣き方をしている場合は病気の可能性があるので、注意が必要です。

そこで、病気の可能性がある夜泣きと心配のない夜泣きの見分け方を調べてみました。

baby

そもそも夜泣きはなぜ起きる?

赤ちゃんが夜泣きする原因はよくわかっていませんが、おおむね以下のような理由が指摘されています。

睡眠リズムの乱れ

赤ちゃんの睡眠周期は短いため、眠りの浅い状態になることが多くなります。
そのため、夜中に目を覚ましやすくなるのです。

生活リズムの狂い

いつもとは違う生活パターンが夜泣きの原因になるといわれます。
たとえば、昼寝が長すぎたり、逆に短すぎたり、外へ連れて行かなかったなどなど。
こうしたときは夜泣きしやすくなる傾向があるようです。

環境の変化

お出かけや旅行など、刺激のある出来事があったときは夜泣きしやすくなるようです。
赤ちゃん同士で顔を合わせただけでも刺激になることもあります。

では、次に心配しなくても良い夜泣きについてご紹介します。

・おっぱいやミルクを飲んだら泣き止む
・部屋が暑すぎたり寒すぎたりしたとき
・おしっこやうんちしたオムツを変えると泣き止む

これらのケースは基本的に問題はないと考えていいでしょう。

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで?

病気ではない夜泣きは成長とともに自然と治まっていきます。

赤ちゃんの夜泣きが始まる時期は一般的に生後6ヶ月~1歳くらい。
夜泣きしなくなる時期は1歳~1歳半くらいとされています。

ただし、個人差があり、3ヶ月くらいから始まる子もいれば、2歳になっても夜泣きが治らないケースもあります。
また、1歳くらいの頃は夜泣きしなかったのに、2歳になってから突然夜泣きが始まる子もいるようです。

病気が疑われる夜泣きとは?

夜泣きの原因となる病気にはどんなものがあるのでしょうか?

夜驚症(やきょうしょう)

夜驚症(やきょうしょう)は睡眠中枢が未発達のために起こる睡眠障害の一つです。

<夜驚症の主な症状>

・目を見開いたまま激しく泣く
・呼吸が激しくなり汗をかく
・大声を出したり叫んだりする
・過剰なおびえや震えがある

通常、赤ちゃんの夜泣き、空腹やおむつの汚れ、温度などによる不快感が原因ですが、夜驚症は激しく泣き、恐怖を伴うような症状が現れるのが特徴です。

夜驚症は経過観察が基本ですが、症状がひどい場合には、少量の睡眠薬や抗不安薬などを一時的に処方することもあります。

腸重積

腸重積は腸の一部が重なり合うことで起きる病気です。
生後3、4カ月から1才ぐらいに発症しやすいとされています。
放置すると、腸の組織の壊死を起こすことがあり、早めの治療が必要です。

泣いて、泣きやんで、また泣きだす、という繰り返しが見られる場合は、腸重積の可能性があります。
腸重積は発症後24時間以内に浣腸することで治せるので、異変を感じたらすぐに病院に行きましょう。

皮膚トラブル

おむつかぶれや発疹などが原因で夜泣きがひどくなることがあります。
その場合は肌をきちんとチェックして保湿クリームを塗ったり、パジャマ、布団などの寝具を変えるなどの対策を取りましょう。
症状が酷い場合は皮膚科を受診しましょう。

鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアは足の付け根から腸の一部が飛び出す病気です。
小さいうちに発症することがよくあるので、股の付け根が腫れていないか?確認しましょう。
もし腫れがある場合は医師の診察を受けてください。

中耳炎

赤ちゃんは中耳炎を起こしやすいものです。
耳に手を当てるような仕草がサインとなる場合があるので判断してください。

まとめ

ということで、病気の可能性がある夜泣きについて解説しました。
夜泣きそのものは自然な行為なので、あまり心配する必要はありません。

生活のリズムを規則正しくすることで、ある程度改善されるものです。

しかし、長時間泣き止まないなど、いつもとは違う夜泣きがみられるときは病気の可能性があります。
少しでも異変を感じたら、迷わず病院に行くことをおすすめします。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top