トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

麻央さんが始めた水素温熱免疫療法!知っておきたい治療の盲点と欠点

スポンサードリンク

先月29日、自身のブログで約1カ月ぶりに退院したことを公表した小林麻央さん。
女性自身の最新号がそんな麻央さんの近況を伝えています。

「水素温熱免疫療法」という治療法を始めているというのです。
この治療法は高濃度水素水を使って身体を温めて血行をよくする物理療法。
がん患者にも効果があるとされています。

麻央さんが始めたこの「水素温熱免疫療法」は、ネットでも大きな話題となっています。


・引用元小林麻央 退院の陰で始めた「水素温熱免疫療法」という選択 (女性自身) – Yahoo!ニュース

治療を受けている病院はどこか?
この治療法は本当に効果があるのか?
などなど、様々な声が寄せられています。

そこで、管理人も非常に興味を持ったので、いろいろと調べてみました。

すると、「水素温熱免疫療法」の意外な盲点や欠点がわかってきたので、紹介したいと思います。

麻央さんが通う水素温熱免疫療法のクリニック

女性自身の報道では、「都内にある完全予約制のクリニック」とあり、病院名は明かされていませんが、ネットではすでに特定されているみたいです。

その病院とは、表参道にある首藤クリニック。
この病院は、最新の「水素温熱免疫療法」を行うことで知られています。
自宅から車で15分という距離を考えてもおそらく間違いないと思われます。

早速、病院のホームページを見てみると・・・

syuto

・引用元:首藤クリニック

トップページに水素温熱免疫療法の解説や治療実績が紹介されています。

水素温熱免疫療法とは?

以下は首藤院長の「水素温熱免疫療法」解説動画です。

水素温熱免疫療法は首藤院長が命名したもので、H2アクアサーミアと言うそうです。

高濃度のマイクロナノバブル水素水を用いた治療法で、「H2」は「水素」、「アクア」は「水、液体式」、「サーミア」は「温熱療法」を意味します。

簡単に言えば、高濃度水素水を用いた温熱療法です。

以前からがんは熱に弱く、40度以上でがん細胞が死滅すると言われていますが、首藤クリニックで使われる水素水は体内への吸収効率や温熱効果が高いのが特長だそうです。

他にも以下のような利点が紹介されています。
・抗ガン剤をはじめ、あらゆる治療との併用可能
・ガンが全身のどこに転移していても治療可能
・過去に事故や副作用はゼロ

ちなみに、治療費は自由診療で保険がきかないため、数百万円単位でかかるようです。

水素温熱免疫療法の効果

首藤クリニックのホームページには研究実績も紹介されています。

・80名のあらゆるガン患者のうち、40名に一定の効果を認めた
(長期にわたるガンとの共存、ガンが縮小、腫瘍マーカーの正常化、治癒)
・80名のうち59名の腫瘍マーカーが低下
(一時的にでも腫瘍マーカーが低下した方は、80名中79名)
・80名のうち79名の方が、ガンの進行を遅らせることができた

<患者さんの声>
・抗がん剤の副作用が減り、体調がよくなった。体力もアップし、転移していたがんも縮小した(60代女性)
・末期がんが1か月でほぼ消失していた(60代男性)
・乳がんが画像上消失した(50代女性)

これを見ると、非常に高い治療効果があるようです。

水素温熱免疫療法への批判の声

ただ、一方で、2チャンネルなどには懐疑的な声も寄せられています。

「藁にもすがる気持ちなんでしょう。
治るといいよなあ。ほんとに。」

「また水素か
なんでこう胡散臭いのに引っかかるかね」

「そうやって色んな療法をやっては無駄に金をかけていくんですね」

「申し訳ないけど、これって
末期癌患者が民間療法に一縷の望みを賭けてる
としか見えないよ」

2chは批判するのが当たり前みたいなところがあるし、実際に怪しいがん治療法もあるので、仕方ないとは思いますが、もう少し温かい目で見れないもんですかね。

がんの温熱療法の是非

水素水は最近悪いイメージを持たれることが多いため、懐疑的な声が上がるんでしょうが、がんの温熱療法については、専門家の間ではおおむね肯定的な意見が多いです。

たとえば、「がん サウナ」という言葉で検索してみると、サウナはがん予防に効果があるという医者の声も少なくありません。

ちなみに、管理人は大のサウナ好きで時間があれば、近所のスーパー銭湯に通っているので、もしかしたらがん予防になっているかも?

まあ、サウナは別の危険性も指摘されているし、がん予防になるというのは気休めかもしれませんが、人間は自分の都合の良い解釈は信じてしまう生き物ですからね(苦笑。

水素療法の盲点と欠点

さて、話が少しそれてきたので、ここで水素温熱免疫療法について戻します。

この治療法を調べていて、興味深い記事を見つけました。

それは「『水素療法』には、盲点的な「欠点」がある!」という記事で、自然療法による癌治療
というサイトに投稿されているものです。

この記事の筆者は母親が水素療法で救われたという体験の持ち主ですが、面白い指摘をしています。

それは「使わざるは退化す」という考え方です。

がんの原因はそもそも人間の体内で発生する活性酸素にあると言われます。
水素水がもてはやされるのは、活性酸素を退治するとされているからです。

しかし、筆者によれば、人間の身体にはもともと活性酸素を除去してくれる「抗酸化酵素」が存在していると言います。

水素水に頼って活性酸素を減らすことばかりしていると、「抗酸化酵素」を作り出す機能が衰えるのではないかというのです。

これが筆者の言う「使わざるは退化す」です。
人間は自分の足で歩かなくなると、だんだん歩けなくなっていく。
それと同じ原理だと言うわけです。

つまり、自力で活性酸素を退治できなくなることの危険を指摘しているのです。

筆者は「『水素療法』ばかりに頼って乱用すれば、やがて立派な「水素療法漬け」になる」と言っています。

この指摘にはハッ!としましたね。

本来、人間に備わっている自然治癒力を高めることがいかに大事かを再認識しました。

水素温熱免疫療法のまとめ

ということで、水素療法の問題点を書いてきましたが、だからといって水素温熱免疫療法は良くないと言っているわけではありません。その辺は誤解のないように。

実際、麻央さんが通っているとされる首藤クリニックでは、免疫力を高めるための食事療法などの指導も行っているようですし、評価する声も少なくありません。

症状が改善するまでの間は水素温熱免疫療法を集中的にやるのは悪いことではありません。
ただし、良くなってきたら、少しずつ水素療法から離れていくことも必要だということです。

ということで、水素温熱免疫療法について、自分なりに調べて記事にしてみましたが、いかがだったでしょうか?

がん治療はつらくて長い闘いとなるだけに、わらにもすがる気持ちになるのはよくわかります。
しかし、最終的に治療法を選ぶのは患者自身です。

悔いのない選択をするためにも、冷静な判断をすることを忘れないようにしたいものです。

そして、最後に、麻央さんが見事がんを克服することを心から願っています。

こちらの記事もどうぞ!
↓  ↓  ↓
副作用のない抗がん剤がある!P-THPの効果について調べてみまし

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top