トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

腰痛が治らない!考えられる原因と別の病気の可能性

スポンサードリンク

腰痛は国民病とも呼ばれています。
厚生労働省の調べによると、腰痛を抱える人は2800万人。
日本人の4人に1人が腰の痛みに悩まされていることになります。

管理人も過去に何度もぎっくり腰を体験していて、腰痛のつらさはよくわかります。

腰痛の治療法には、カイロプラクティックや鍼、お灸、ストレッチなど、様々な方法があります。
しかし、どんな治療を受けても一向に良くならないという人もいるようです。

実は、腰痛が治らない原因は別の病気の可能性があることも少なくありません。
そこで、考えられる原因と病気について調べてみました。

0dbb73357f47b70a93ed170320528205_s

原因が特定しやすい腰痛

一口に腰痛と言っても様々な種類や原因があります。
原因が特定しやすいのは、外傷によるものです。
運動で痛めたり、ぎっくり腰になったりというのは典型例です。

他にも「椎間板ヘルニア」などの機能障害なども腰痛の原因になります。

また、疲労によるものや加齢によっても腰痛は起きやすくなります。

原因がわからない腰痛は別の病気の可能性あり

通常の腰痛は整体やカイロプラクティックなど治療院で治療を行います。
また安静することによっても症状は緩和されます。
しかし、一向に治らないときは別の原因を疑ってみる必要があります。

腰痛が治らない原因として、まず考えられるのは、病気によるものです。

腰痛の原因となる病気

・動脈硬化や大動脈瘤など循環器の病気
・腎臓・尿路結石、膀胱炎、前立腺肥大症など泌尿器の病気
・胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胆石、肝炎など消化器の病気
・生理不順、子宮筋腫、卵巣炎など婦人科の病気

上記の病気の中でも、深刻なケースでは、がんを発症していることもあるので要注意です。
膀胱がん、胃がん、肝臓がん、子宮がんなどが原因で腰痛が治らないこともあるのです。

また、それほど深刻でない原因としてインフルエンザや風邪などによる腰痛もあります。

精神疾患も腰痛の原因になる

なかなか治らない腰痛の原因で、特定しづらいのが、精神疾患によるものです。
過剰なストレスやうつ病、心身症なども腰痛の原因となります。

有名なのは作家の夏樹静子さんのケース。
夏樹さんは長年腰痛に悩まされていて、あらゆる治療を行ったそうですが、改善することはありませんでした。
あまりの激しい腰痛に死を考えたこともあったそうです。

その後、心因性のストレスによる「心身症」だったことが判明。
これが腰痛を引き起こしていた原因だったのです。

腰痛の深刻度を見極める簡単な方法

腰痛には大きく分けて2種類あります。

それは「急性」と「慢性」です。

急性の痛みは大半が外傷などによるものなので、それほど心配する必要はありません。
一時的に血液の流れが悪くなって起こっているので、ほぐしてやることで改善されます。

問題なのは、「慢性」の痛みです。

腰痛が長期に渡ると、血流が悪くなり、内臓器官に少しずつダメージを与えていきます。
また、痛みは脳にストレスを与えるため、自律神経に乱れが生じます。
すると、血流がさらに悪くなるという悪循環を繰り返してしまいます。

その結果、内臓がさらに悪くなり、深刻な病気を引き起こしてしまうのです。

腰痛が長く続き、なかなか治らない場合は、病院で検査を受けるようにしましょう。

腰痛は生活習慣で改善できる

ということで、別の病気が腰痛の原因となることはわかって頂けたと思います。
腰痛は普段の生活習慣を改善することで防ぐことができます。
その方法を以下にまとめてみました。

・バランスの良い食事をして良く噛んで食べる
・暴飲暴食はしないようにする
・ストレスをためないよう十分な休息を取る
・6時間以上の睡眠時間を取る
・寝る前の2時間は胃に負担のかかる物を食べない
・できるだけ薬に頼らない生活をする

上記のことを心がけるだけでも。腰痛の予防になります。
規則正しい生活こそが腰痛を引き起こさない一番の方法なのです。

まとめ

腰痛がなかなか治らないのはつらいものですが、逆に言えば、長引く腰痛は内臓疾患など別の病気の発見にも役立ちます。

その結果、早期に治療することも可能になります。
一向に良くならない腰痛は病気のサインかもしれません。

身に覚えがある人は、別の病気を疑って、病院で診察を受けてみることをおすすめします。

こちらの記事もどうぞ!

↓  ↓  ↓

整形内科とは?整形外科との違いをわかりやすく解説します

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top