トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

2016年 東京マラソンの日程 エントリーと抽選倍率は?

スポンサードリンク

来年の東京マラソンがもうすぐ近づいてきました!
東京マラソンをご存知ない方もいらっしゃると思いますが、こちらの東京マラソンは、本当に人気のイベントで、なんとエントリーと抽選倍率がものすごいことになるということで話題となっています。

今回はこちらの2016年東京マラソンの日程や内容、抽選倍率などについてご紹介したいと思います!

6994e927b05d7f7a743b5597bd91c9c2_s

2015年は平成28年2月28日開催

まず、『東京マラソン2016』は、平成27年2月22日(日)開催される予定です。
エントリーはもう終わってしまったのですが、出場するランナー参加者の一般募集は8月31日(日)に締切った様子です。

その結果は、なんと今年も過去最高ですごい倍率だったそうです。

倍率は11.3倍

気になる申込総数ですが、マラソン、10㎞を合わせて、308,810人となったそうです。
今回の東京マラソンの抽選倍率ですが、抽選対象人数はマラソンが27,370人、10kmは400人、28,400人に対して、305,734人の応募ということで、11.3倍もの倍率で過去最高でした!!

また、10kmの部だと、抽選対象400人に対して、1,014人の応募があったということで、約2.5倍だったそうです!

このように、東京マラソンは、毎年のあまりの希望者の数に、まず抽選に当たるということが本当に大変だそうです。

何度も何度も申し込んでるけど、いまだ参加できていない、という方はたくさんいらっしゃるそうです。

日本国内にも、倍率の高いレースはたくさんありますが、東京マラソンほどすごいものはなかなかないそう。
まず、倍率の推移ですが、スタートした2007年はマラソンの部で3.1倍だったそう。

しかし、その翌年5.2倍、そして次の年に7.5倍、8.5倍…と年々どんどん上昇してきており、2013年にはなんとついに10倍を越えたそうです。

東京マラソンがこれだけ大人気なのはなぜでしょうか。
それはテレビでとりあげられたりするという効果もあると思います。
しかし、そのほかにも理由はあり、ランニング人口そのものが年々増えているからという事情もありそうです。

その中でも、東京マラソンはもはや日本一、有名なマラソンレースと言っても過言ではないでしょう。
なんといっても、東京マラソンは、知名度・人気度、ともに高いです。

その知名度や人気度に貢献しているのが、芸能人、有名人の多さではないでしょうか。
東京都内を走るということで、多くの芸能人を見かけることも多々あるようです。
さらに、参加の景品なども東京マラソンはたくさんもらえるようですし、このあたりもうれしいところ。沿道の声援などもほかのレースとは違い、ものすごい数らしく、走り終えるのはとても爽快だそうです。

これだけの倍率のある、東京マラソンに出場するということは、本当に一種のプレミアムな経験ですよね。

誰しもがこの東京マラソンへ参加することができるというわけではありませんし、走れる方はものすごく運の良い方だといえるでしょう。

興味のある方は、来年のエントリーを狙ってみてくださいね!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top