トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

致死率30%!急増する人食いバクテリアの初期症状と予防法

スポンサードリンク

人食いバクテリアの感染者が急増しているそうです。
今年(2016年)の患者数はすでに400人を超え、過去最多になっています。

感染すると、一気に劇症化し、数日で死に至るという人食いバクテリア。
イヤー恐ろしいですね!

そこで、もしものことを考えて、初期症状と予防法について調べてみました。

baikin

人食いバクテリアとは?

人食いバクテリアの正式名称は「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」。

感染すると、手足の筋肉が急激に壊死します。
さらに、症状が進むと、多臓器不全に陥り、死に至ります。
「人食いバクテリア」と呼ばれるのは、身体が食い尽くされるように蝕まれ、壊死するためです。

壊死は時間に約2~3cmと信じられない速さで進みます。
致死率はおよそ30%ですが、発症してからわずか24時間で死に至ることもあります。

人食いバクテリア感染の原因

人食いバクテリアはA群溶血性連鎖球菌に感染することで発症します。

このA群溶血性連鎖球菌は、「溶連菌」とも言われ、幼児などがよくかかるのが、「溶連菌感染症」です。
たとえば、喉頭炎も溶連菌によるものです。

要するに、時期を問わずどこにでも存在する菌なのです。

この溶連菌が何らかの理由で身体を蝕む強力な菌に変貌してしまうのが、人食いバクテリアの症状です。

なぜそうなってしまうのか?原因はわかっていませんが、糖尿病やガンなどの病気を患っていたり、免疫力が落ちている人が感染しやすいことがわかっています。

感染の主な原因は・・・

・咳やくしゃみなどの飛沫感染
・傷口や粘膜からの接触感染

特に、傷口からの感染は要注意で、劇症化し、手足を切断した例も多く報告されています。

人食いバクテリアの初期症状

人食いバクテリアは突然起こります。
そのため初期症状はわかりづらいことが多いようです。

特徴的なのは、インフルエンザや風邪のような症状です。

・発熱
・喉の痛み
・筋肉痛
・下痢

また、皮膚や手足に以下のような症状が現れます。

・皮膚が赤くなる
・手足が痛む
・手足が腫れる
・傷口の激しい痛み

人食いバクテリアの予防法は?

人食いバクテリアに感染しないための予防法はインフルエンザや風邪の予防法と基本的には同じです。

・手洗い
・うがい
・マスクの着用

あと大事なのは、免疫力を高めること。
免疫力が低下していると、劇症化しやすいとされています。
ストレスを溜めないようにすることも予防法のひとつです。

また、人食いバクテリアは傷口などからの感染も多いため、傷口の消毒などをしっかりすることも大事です。

人食いバクテリアの治療法は?

人食いバクテリアの治療は菌を取り除くことが大原則です。

感染すると、手や足が壊死していくため、感染が広がらないよう手術で切除するしかありません。

他にも、低菌薬などを処方するという治療法もありますが、これは症状がそれほど悪化している場合に限られます。

まとめ

いかがでしたか?
人食いバクテリアってホント恐ろしいですね。

突然発症し、一気に劇症化するので、一刻も早い治療が必要です。
初期症状はインフルエンザに似ているので、勘違いしてしまう怖さもあります。

人食いバクテリアに感染しないためには、普段から手洗いやうがいを心がけ、免疫力を高める食事を摂るようにしましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top