トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

機能性表示食品とは?知っておきたいカラダへの効果と危険性

スポンサードリンク

健康のためにサプリメントを愛用している人は多いと思います。
ドラッグストアに行くと、様々なサプリが並んでいて、つい手に取ってしまうことがあります。

健康食品というと、かつては薬事法との兼ね合いで健康への効果をうたうことは禁じられてきました。
その後、トクホ(特定保健用食品)制度ができたことで、効能を表示する食品が増えました。

そんな中、最近よく目にするのが、「機能性表示食品」という表示。
現在市場に出回っているもの大半がサプリメントです。

また、「機能性表示食品」とよく似たものに「栄養機能食品」というものもあります。

トクホ、機能性表示食品、栄養機能食品は何が違うのか?
わかりにくいですね?

そこで、調べてみると・・・

これは知っておかないとヤバイ!
という様々な事実がわかりましたので、記事にしてみました。

基本 CMYK

「トクホ(特定保健用食品)」「栄養機能食品」「機能性表示食品」の違いは?

まずはそれぞれの健康食品の違いをご紹介したいと思います。
正確を期すために、消費者庁の資料から引用します。

・引用元:消費者庁「機能性表示食品って何?」

トクホ(特定保健用食品)

健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの吸収を抑える」などの表示が許可されている食品です。表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。

栄養機能食品

一日に必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給・補完のために利用できる食品です。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含む食品であれば、特に届出などをしなくても、国が定めた表現によって機能性を表示することができます。

機能性表示食品

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

いかかですか?
これらの定義をみて気づくことがありませんか?
そう、トクホ以外は、「審査が緩い」ということです。

栄養機能食品は、「科学的根拠が確認された栄養成分が入っていれば届出しなくてもいいよ」
機能性表示食品は、「安全性や機能性の根拠などを届け出てくればいいよ」

簡単に言えば、そんな感じですね。

例えば、機能性表示食品については、はっきりとこう書かれています。
「特定保健用食品とは異なり、国が安全性と機能性の審査を行っていません」

これって少々いい加減な気がしませんか?
それにしても、なぜこうした表示ができる食品が新たに出てきたのか?

消費者庁によれば、「機能性をわかりやすく表示した商品の選択肢を増やすため」とのことです。

では、より具体的にみていきましょう。

消費者庁の「機能性表示食品」の定義とは?

「機能性表示食品」の制度が始まったのは、平成27年4月。
消費者庁は以下のように定めています。

●「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という食品の機能性を表示することができる食品です。
●安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示されるものです。
●消費者の皆さんが誤認することなく商品を選択することができるよう、適正な表示などによる情報提供が行われます。

・引用元:消費者庁「機能性表示食品って何?」

これでわかることは「脂肪の吸収をおだやかにします」など、効能を表示できることです。
気になったのは、「事業者の責任において」という文言。

これって販売する側に機能性を丸投げしているということですよね。

例えば、「○○という成分がダイエットに効果がある」という論文が発表されたとします。
すると、これを科学的根拠にして、○○成分の入った健康食品やサプリメントを販売することが可能です。

綿密な効能試験を行わなくてもいいということです。
そして、目に見える健康被害が出ない限り、売り続けることができます。

何か怖くないですか?

機能性表示食品を摂取してはいけない人がいる

これも調べていて、驚いたことですが、機能性表示食品は誰でも口にしていい訳ではありません。
消費者庁の資料には、食品の対象外として以下のような人が記されています。

・疾病に罹患していない方
・未成年者
・妊産婦(妊娠を計画している方を含む)

つまり、未成年や妊婦にはすすめられないということです。
さらに、「疾病に罹患していない方」というのも微妙な表現ですよね。

どこまでを病気と考えるのか?
血圧や血糖値が高い人は疾病に罹患してるのか?していないのか?

もし健康な大人だけが対象だとすれば、そもそも摂取する意味がないのでは?
そう思ってしまいます。

消費者庁は事後監視も行うとしていますが、いつどのように行われるのか不明です。

機能性表示食品にNGワードはある?

たとえば、ある機能性表示食品が広告などで効能をうたう場合、どこまで表現できるのか?

前述したように「おなかの調子を整えます」はOKです。
身体の部位を明記して機能を表示することは認められています。

しかし、「病名」「予防」「治療」を連想させるものはNGです。

「高血圧の人」「脳卒中を予防」「近視を改善」といった表現がそれにあたります。

ちなみに、トクホは薬のような効能効果の表示が許されています。
ただし、「高血圧の人向けのお茶」とまでうたうのは問題があり、「血圧高めの人のお茶」という少し抑えた表現になっています。

機能性表示食品の健康被害は?

消費者庁によれば、「事業者が届け出た機能性表示食品の情報については、消費者に公開される」とあります。
しかし、問題なのは、それが信頼できるものかどうかがわからないことです。

極端に言えば、事業者のやりたい放題で、「嘘つき商品」が氾濫すれば、健康被害が増える可能性もあるのです。

実際、サプリメントなどの過剰摂取による健康被害は数多く報告されています。
たとえば、肝臓に良いとされる成分が入ったサプリメントを飲み続けて肝障害になったという報告も少なくなく、死亡例もあります。

もちろん、機能性表示食品がすべて悪いというわけではありません。
実際に効果があったという人がいるのも事実です。

摂取する場合は、自分にとって本当に必要なものか?製造元は安心できるか?服用している薬と併用しても問題がないか?などをしっかりと見極めることが重要です。

摂取していいか迷ったときや摂取していて体調に異変が現れたときは病院で必ず相談するようにしましょう。

こちらの記事もどうぞ
↓  ↓  ↓
サプリの副作用に要注意!頭痛や吐き気の原因と対策

まとめ

ということで、機能性表示食品の効果と危険性について記事にしてみました。

機能性表示食品の注意点をもう一度まとめると、

・国が安全性と機能性の審査を行っていない
・未成年や妊婦などは摂取の対象外とされている
・過剰摂取は健康に害を及ぼす

人間、健康に不安があるときはついつい健康食品に手を出してしまいがちです。
そんな時にサプリなどを安易に頼るのは危険です。

今回の記事を書き終えて、管理人もつくづく普段の生活習慣をまず見直すことが大切だと思いました。
そして、規則正しい生活を心がけること。これが健康の秘訣です。
でも、それがなかなかできないんですよねえ(苦笑。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top