トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

旭川冬まつり 2017年の日程と見どころ

スポンサードリンク

冬の北海道といえば、各地で雪や氷にちなんだお祭りが開催されますが、その中でも最大級に盛り上がるのが「旭川冬まつり」です。

動物園で有名な旭川市で、グルメや各種ステージを楽しむことができる旭川冬まつりは、昨年は90万人以上の人が訪れました。

2017年度はどのようなイベントが開催されるのか、
これまでの情報をもとに詳細をチェックしていきましょう。

asahikawa

旭川冬まつり 2017年の日程

・期間:2017年2月7日(火)〜12日(日)

・会場:石狩川旭橋河畔、平和通買物公園(予定)

旭川冬まつりの交通アクセス

会場まではシャトルバスが運行する予定なので、そちらを利用するのが便利です。
JR「旭川駅」や旭山動物園、雪の村などから運行しますので、アクセスしやすいターミナルを選んでバスで移動してください。

ちなみに、駐車場の用意がないため、車での移動はあまりおすすめできませんので注意しておいてください。

旭川冬まつりの見どころ

さて、旭川冬まつりの見どころはというと、なんといっても祭中に行われるイベントの数々。
それぞれ見逃すことはできないくらい、注目度が高いものとなっています。

2017年は、旭山動物園50周年記念の内容も含めた内容となる予定であり、これまでとは一味違ったお祭りになることが予想されます。

まずは、毎年凝ったデザインが特徴的な“大雪像”を見に行きましょう。
昨年は旭川のゆるキャラである、あさっぴーとゆきりんがデザインされており、その可愛さと大きさの迫力に、多くの人が写真を撮って記念に残していました。

また、夜間のライトアップとプロジェクションマッピング、花火の打ち上げなども行われていましたので、今年も同じく夜のイベントにも期待できそうです。

次に、お子さんが思う存分楽しめる雪と氷でできた滑り台や、ソリやジェットスキーなどのアクティビティも目白押しです。

ただし、旭川は本州とはまた違った厳しい寒さですので、遠方から訪れる方や、寒さが苦手なお子様などは、しっかりと防寒対策をして遊びに行ってくださいね。

他にも、歌手やパフォーマンスによるステージイベントや、大人も子供も大好きな北海道グルメを味わえるマルシェなど、遊びつくすのにはたっぷりの時間が必要です。

お祭り期間は長いので、宿泊なども想定して遊びに行くのがオススメです。

寒いところは苦手という人が多いため、冬はなかなか外へ出かけなくなるものですが、冬だからこそできるお祭りを味わうのも一興です。

冬の北海道を思う存分楽しめる旭川冬まつり、是非足を運んでみてください。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top