トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

黒森歌舞伎 2017年の日程と見どころ

スポンサードリンク

歌舞伎というと、大きな舞台を屋内で眺めて楽しむ…というイメージがあります。
でも、なんと真冬の屋外で鑑賞する歌舞伎もあるのを知ってますか?

それが、山形県の酒田市で行われる「黒森歌舞伎」なんです。

黒森歌舞伎は毎年旧正月の時期に行われる伝統芸能。
毎年多くの人々が歌舞伎を見に訪れます。

では、2017年の日程を確認していきましょう。

kuromori

黒森歌舞伎 2017年の日程

・日にち:2017年2月15日(水)、17日(金)

・会場:黒森日枝神社(酒田市黒森村中)

・演目:絵本大功記

・料金:無料
※1升4人までの升席10000円、8升分アリ

黒森歌舞伎の交通アクセス

山形県は寒い地域ですので、場合によっては天候が雪といったことも考えられます。

屋外ということもあり、歌舞伎の鑑賞中は動かずにじっとしていることを考えると、防寒対策はやりすぎるくらいでも大丈夫。
寒さで体調を崩さないように、気を付けて鑑賞するようにしましょう。

会場となる神社までは、バスなどの本数が非常に少ないので車で訪れた方が手軽です。
会場には400台ほど収容できる駐車場もありますので、比較的余裕があるでしょう。

だたし、雪道などのトラブルも考えられるので、時間に余裕を持たせた行動が必要です。

黒森歌舞伎の見どころ

黒森歌舞伎は江戸時代から始まったとされています。

地方歌舞伎の中では特に演目が豊富で、毎年くじびきで演目が決定しています。
全国にファンも多く、遠方からわざわざ見に来るという人も少なくありません。

そして、そんな華やかな舞台を作っているのは神社の氏子さんたちのみ。
衣装やかつら、演出に至るまですべてを担っていると思うとすごいですよね。
そのクオリティは地方で行われる歌舞伎の中では群を抜いています。

また、人気の理由はそれだけではなく、観客も舞台と一体感を感じられるというところ。
初めて見に行くと驚くかもじれませんが、観客席からは掛け声がどんどんかけられ、
それによって舞台の盛り上がりが増していきます。

まずは、それに便乗して一緒に楽しむことから始めてみてはいかがでしょうか。

そうすることによって、演じている役者さんも楽しむことができますし、
鑑賞時の楽しさもどんどん増していきますよ。

まとめ

歌舞伎になじみがないという人でも、不思議と楽しめてしまうのが黒森歌舞伎の良いところ。
寒い中で鑑賞するというのもまた一興です。

防寒対策と、道中の移動方法などはしっかり考えつつ、冬の歌舞伎という珍しい行事を楽しみに、是非山形県に出かけてみてはいかがでしょうか。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top