トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

大野かきフェスティバル 2017年の日程は?牡蠣づくしの一大グルメイベントの参加法

スポンサードリンク

冬に美味しくなる味覚と言えば色々ありますが、中でも大人気なのは“カキ”。
生でも焼いても鍋にしてもフライにしてもおいしい牡蠣ですが、管理人の大好物は牡蠣ご飯。

出来たてホクホクの牡蠣ご飯はまさに至福の逸品。
もう思い浮かべただけでもよだれが出てきます(^o^)

そんな海の幸・海のミルクとも呼ばれている牡蠣の名産地と言えば広島です。

このカキを思う存分楽しめる冬のイベントが「大野かきフェスティバル」です。

oonokaki

このイベントは、大野産のおいしいカキを食べつくそう!というのが目的の、なんとも贅沢な内容。

カキが好きな方、目がないという方は遠方からでも一度は訪れておきたいイベントです。

毎年2月ごろに開催されている大野かきフェスティバル。
2017年の開催も決定しているので、詳細をチェックしておきましょう。

大野かきフェスティバル 2017年の日程

・日にち:2017年2月12日(日)
・場所:ボートレース宮島(広島県廿日市市宮島口)
・時間:9時30分〜14時30分
※予定のため変更の可能性あり

大野かきフェスティバルの交通アクセス

会場となっているボートレース宮島の付近には、駐車場の開放がありません。
そのため、車で訪れるという時は有料駐車場を利用するのですが、数が限られているので電車を利用する方が手軽です。

・JR「宮島口」から徒歩5分
・広島電鉄「競艇場前駅」すぐ

駅からであれば、このようにアクセスがとても便利です。

大野かきフェスティバルの見どころ

広島県はカキの全国シェアがトップの特産物です。
その中でも、宮島と大野との間に位置する“大野瀬戸”で育つカキは、身が大きくてぷりぷりに引き締まっているのが特徴です。
まさにカキの一大産地なんですね。

大野瀬戸はカキのエサになるプランクトンが豊富で、潮の流れが整っています。
このためカキの養殖にもとても向いている場所でもあるのです。

そんなベストプレイスで育ったカキを思う存分楽しめるのが、大野かきフェスティバルのいいところ。

殻つきの焼きガキ、カキフライ、牡蠣飯、グリルなどなど・・・
カキのいいところを凝縮したメニューがもう盛りだくさん!

また、生ガキの直売もありますし、遠方の場合は配送もしてもらえます。
この機会に本場のカキを贅沢にお買い物なんていうのもオススメです。

牡蠣料理以外の食べ物も充実していますので、お子さんのお食事にも困りませんし、
縁日やステージイベントなども充実しているので飽きずに楽しめますよ。

広島県のカキを一度は味わいたいという方も、大好物を満足いくまで食べたいという方も、遠くからでも訪れる価値のあるイベントです。

是非、大野かきフェスティバルに訪れてみてください。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top