トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

秋吉台山焼き 2017年の日程 夜の野火の祭典は最大の見どころ

スポンサードリンク

冬の山に春を呼び込む行事として、全国的に様々な場所で行われているのが“山焼き”。
中でも日本で最大規模を誇っているのが山口県にある「秋吉台山焼き」です。

2017年の初春にも、秋吉台の山焼きの開催が決定していますので、
詳しい情報をチェックしていきましょう。

akiyosi

秋吉台山焼き 2017年の日程

・日にち:2017年2月下旬予定
※現在のところ詳しくは未定

・時間:朝9時30分〜開始予定

・見学場所:秋吉台カルスト展望台(美祢市秋芳町秋吉台)

秋吉台自体には立ち入ることができないので、見物する人たちは展望台を目指していきます。

秋吉台カルスト展望台周辺地図

車で行く場合は駐車場が限られますので、早めの行動をするようにしてください。
車以外で訪れるという場合には、JR「新山口駅」から防長バスで「秋芳洞」まで行って下車すると便利です。

そもそもなぜ山焼きが行われるの?

さて、この秋吉台山焼きですが、そもそもどうして山を焼くのでしょうか。
あなたは理由を知っていますか?

これには、色々な理由があります。

まず、冬の間に枯れてしまった草を燃やしてしまうことで、新しい草が生えてくる場所の確保に繋がります。

また、それと同時に害虫の駆除の役割も持っているので、春の芽吹きを邪魔させないという理由も含まれています。

さらに、生え放題だった草や枯れた植物を放置しておけば、山火事が起こる可能性もあります。
山焼きを行うことで、火事が起こるのを防ぐこともできるのです。

山火事を防ぐために山焼きをするなんて面白いですね。

さらに、山焼きには大きな効能があります。
草木を燃やすことで灰が大量にでき、その灰のおかげで土が肥えていい植物が育ちます。

一度焼いてまっさらになった土地に、新しい植物が生えてくる助けにもなっているという訳です。

秋吉台はとても美しい景観が有名な場所なです。
山焼きを行うことで景観を保つことにも繋がっているのです。

秋吉台山焼きの見どころ

秋吉台の広さは1500ヘクタールと、とても大きな土地です。

一度火が放たれると、どんどん燃え広がって大きな赤い炎となり、煙も大量に発生します。

展望台から眺めるこの光景はとっても不思議な気分にさせてくれるでしょう。

自然と火が鎮火して、あたりが灰で真っ白になるまでが山焼きです。
その後に新しい草木が生えてくると考えると、これまた不思議ですね。

最大の見どころは、夜に行われる“野火の祭典”です。
夜の闇に浮かぶ炎はまさに圧巻!これを見ない手はありません。

山焼きを見るなら、やはり泊まりがけで行くのがおすすめです。

そこで、秋吉台周辺の口コミ評価が高い宿泊施設をじゃらんと楽天トラベルで調べてみました。

じゃらん人気宿泊施設一覧

楽天トラベル人気宿泊施設一覧

まとめ

冬から春にかけての山が再生していく過程の一部を見ることができるのが、秋吉台の山焼きです。
秋吉台は近くに秋芳洞もあって、観光にもおすすめのスポットです。

冬の炎の幻想的な風景を一度は見に行ってみてください。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top