トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

尾鷲ヤーヤ祭り 2017年の日程と見どころ

スポンサードリンク

三重県の尾鷲市で毎年冬に行われる、
男たちの勇壮なお祭りが「尾鷲ヤーヤ祭り」です。

白装束に身を包んだ男たちが、なんとも狭い空間でぶつかり合うので
“奇祭”としても有名なお祭りなんですよ。

300年以上も続く歴史を持つ尾鷲ヤーヤ祭りの日程が決まっていますので、
まずは詳しく見ていきましょう。

yaya

尾鷲ヤーヤ祭り 2017年の日程

・日にち:2017年2月1日(水)〜5日(日)
※毎年定期開催

・場所:尾鷲神社(尾鷲市北浦町)

尾鷲ヤーヤ祭りの交通アクセス

尾鷲神社までは尾鷲駅から徒歩20分ほど。
車であれば紀勢自動車道を下りれば5分ほどで到着します。

尾鷲ヤーヤ祭りの歴史と由来

ヤーヤ祭りの名前の由来となっているのは、武士たちが名乗るときに
「やあやあ我こそは○○であるぞ」という口上あらきているとのこと。
町を練り歩くときに、「ヤーヤー」と口々に言っているのを聞くことができます。

尾鷲ヤーヤ祭りの見どころ

そしてその練り歩きというのが、ヤーヤー祭りで一番の盛り上がりを見せる“ヤーヤの練り”です。参加者の男性たちが白装束で街中を練り歩いていきます。

練り歩きと言っても静香で穏やかそうなものではなく、血気盛んな男性たちがもみ合いながら進んでいく様は、なんとも迫力があります。

というのも、毎年3つの地区が選ばれて、その地区の男性たちが練りの主役となりますが、それ以外の地区の人たちは、主役たちの練りを妨害する役割として演じているんです。
そのため、そんな迫力あるシーンになるというわけです。

そんな喧嘩をしているようなヤーヤの練りが終わると、“垢離掻き(こりかき)”が始まります。

垢離掻きというのは、白装束を脱ぎ捨てた男性たちが冬の冷たい海の中に飛び込むという、これまた激しい行事。

滝などで身を清める水垢離(みずこり)と同じ意味を持っているのですが、見ているこちらにも、ぶるっと寒さが身を貫くような感覚が襲ってきます。

ヤーヤの練りと垢離掻きは、ヤーヤ祭りに出かけたら必ず見ておきましょう。

また、祭りの最終日には華やかな大名行列も行われるのでこちらも要チェックです。
行列というと、通りずぎるのをじっと眺めているだけで退屈なイメージがありますが、各地区が練習してきた踊りも披露されるので決して退屈しません。
2017年は最終日が日曜日となっているので、予定も立てやすそうですね。

お祭りの最後には、尾鷲神社で獅子舞の踊りや神事を見ることもできますので、
長いお祭り期間をすみずみまで楽しんでみてください。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top