トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

小池都知事の「希望の塾」が追加募集!倍率・費用から見える意外な評判とは?

スポンサードリンク

政界で今大きな注目を集めている小池百合子都知事の政治塾「希望の塾」。
10月30日に開塾式が行われました。

開塾式が開かれたのは、帝京平成大学池袋キャンパス。
講義会場は1000人収容の大きな部屋でしたが、
合格者2902人が出席したため、午前中に1回、午後3回と
計4回に分けて行うという大変な盛況ぶりとなりました。

koikeyuriko
画像出典元:小池百合子ツィッター

そんな「希望の塾」が現在追加募集をしています。

「どうしても申込みに間に合わなかった」
「塾のことを知ったときには締切りが終わっていた」
などの問い合わせが非常に多かったため、
期間限定で追加募集を行うことになったそうです。

そこで、鳴り物入りで始まった「希望の塾」通称・小池塾について
調べてみたら、興味深い事実や意外な評判が出ていることがわかりました。

小池都知事の政治塾「希望の塾」とは?

まずは「希望の塾」の概略について紹介します。

<塾長>
小池百合子
<参加資格>
日本国籍を持つ18歳以上で、
東京大改革の理念に賛同し、政治を学びたい方であれば、誰でも申し込みが可能。
<塾のスケジュール>
第一期2016年10月~2017年3月。
月に一回の講義。

10/30(日)、11/12(土)、12/10(土)、1/14(土)、2/4(土)、3/4(土)の全6回。
13時~18時の間で2時間程度。懇親会等もあり。

<講義内容>
・「都政改革」に関する具体的テーマについて
・「基礎学習」として地方自治制度、財政・税、待機児童、福祉・医療、議会・選挙制度

講師は各分野の専門家がをつとめます。

<受講料>
一般男性 5万円
女性応援特別価格 4万円
学生応援特別価格 3万円(25歳以下)
(6回分すべての受講料を含む)

「希望の塾」の応募者数と合格者数、倍率は?

気になるのが、「希望の塾」の応募者数と合格者数ですが、
第1回募集では以下のようになっています。

<応募者数>4827人
※エントリーシートと小論文による審査。
<合格者数>2902人

合格率は6割です。
10人のうち6人が合格・・・
意外と簡単に受かるんだというのが素直な感想でした。

運営側は、できる限り多くの方に門戸を開きたいとのことなので、
こういう結果になったのかもしれません。

「希望の塾」に入ったお金は1億円以上!

気になるのが、塾に入るお金です。
入塾者が2902人、受講料が男性5万円、女性4万円、学生3万円なので、
軽く見積もっても1億円以上のお金が塾に入ったことになります。

追加募集の人数はわかっていませんが、
受講費は同じなので、金額はさらに増えることになります。

「希望の塾」第1回講義の評判と初日に起きたハプニング

2016年10月30日に開催初日迎えた「希望の塾」ですが、
会場では音声認識ソフトが使われました。

小池知事の挨拶を音声認識ソフトが文字変換し、
スクリーンに映し出されるという方式でしたが、
ここでちょっとしたハプニングが起きました。

小池知事が「塾としての内容を整え」と話した部分が
「ジョークとしての内容を」と認識され、誤変換されたのです。

希望の塾がジョークではシャレになりませんね(^^)

ちなみに、肝心の講義内容ですが、
ある参加者は物足りなかったという感想を漏らしています。

小池知事の講演は30分ほどで、
キャスター時代、環境大臣時代のエピソードが多く、
目新しい話はほどんどなかったそうです。

また、質疑応答の時間もなく、
講演が終わると、小池知事はそそくさと壇上から去ったそうです。

その後、豊島区長が講演しましたが、中身は退屈なものだったとか。

第1回目の講演はおよそ1時間。
会場では、参加者から肩すかしを食ったという声も上がったようです。

講義は6回予定されていますが、
5万円の価値があるのか?不安がる人もいたようです。

「希望の塾」の追加募集の詳細

「希望の塾」の追加募集の申込期限は11月18日(金)まで。
インターネットは23:59まで、郵送の場合は当日必着です。

ネットに応募フォームがあり、必要事項を記入して送信できます。
「希望の塾」追加募集ページはコチラ

お申し込み後、入塾審査が行われ、
合格者に入塾手続きの案内が来るという流れになっています。

ちなみに、審査事項ですが、
応募者の氏名・連絡先、写真の他に、
過去の経歴を記入する欄が設けられています。

審査対象となりそうな項目は以下の2つです。

①志望動機を400文字程度でご説明ください。
②あなたが考える「都政改革に必要なこと」を800文字程度でご説明ください。

まとめ

ということで、小池知事の「希望の塾」について紹介しました。

個人的には疑問を感じる点が多々ありましたが、
あなたはどんな印象を持たれたでしょうか?

いずれにしろ、小池知事は今最も勢いのある政治家と言っても過言ではありません。
考えようによっては、受講費5万円なら安いという人もいるでしょう。

ご本人は否定していますが、
来年の都知事選では「小池新党」が結成されるという噂も根強くあります。

いずれにしろ、小池知事の動向は要注目ですね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top