トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

十和田湖冬物語 2017年の日程と見どころ

スポンサードリンク

冬の十和田湖は雪と氷に包まれてとっても神秘的な場所へと変化していきます。
その冬の十和田湖で毎年行われているのが「十和田湖冬物語」です。

青森県は寒さが厳しいため、冬は観光客も減ってしまいがちなのですが、
その冬の期間を盛り上げようと始まったのが十和田湖冬物語なんです。

towadako

2017年で18回目を数えることとなるこのイベントの見どころや、
詳細な日程をチェックしていきましょう。

十和田湖冬物語 2017年の日程

十和田湖冬物語は毎年2月の第一週目の金曜日から、2月末
または3月の第一週目まで開催されています。

2017年は2月5日〜2月28日の予定となっているようです。
とても期間が長いので、お出かけの予定も立てやすそうですね。

開催時間帯は、

・平日15時〜21時
・土日祝11時〜21時

と、それぞれに異なるので注意しておいてください。

場所は、十和田湖畔の休屋(十和田市十和田湖畔休屋)です。

十和田湖冬物語の交通アクセス

東北自動車道の小坂ICからやく40分ほどで到着します。
車で訪れるのが一番行きやすいのですが、雪道などの危険も考えられますので、
時間に余裕をもって運転して行ってくださいね。

十和田湖冬物語の見どころ

さて、十和田湖冬物語の見どころは何といっても、開催期間中に
毎日打ち上げられる“冬花火”です。
毎日上がるので見逃してしまうことがないというのが嬉しいですよね。

花火は毎日20時から始まり、冬の夜空をあかるく彩り、
BGMにのせて花火を打ち上げるスタイルは、とてもあったかい空気を作りだしてくれています。
冬の十和田湖だからこそ味わえる花火の良さ…ですね。

また、17時頃からはイルミネーションの点灯もあり、こちらも期間中は毎日点灯します。

シンボルとも言える乙女の像のライトアップから、
“光のゲート&トンネル”などイルミネーションのバリエーションも様々。

雪と氷の世界で見つめる光の世界は、幻想的という言葉が一番似合うかもしれません。
都会で見るのとは違うイルミネーションの世界を、是非味わってくださいね。

青森県に出かけるときには、特に遠方の方は宿泊の予定も組んでおくのがオススメです。
湖畔にも宿がいくつかありますし、湖畔ならではの景色のいいお風呂などもあるので、
せっかくなら温かいお風呂も満喫しちゃいましょう。

今では20万人以上が訪れるという、冬の青森県を盛り上げる
一大イベントとなった十和田湖冬物語。

冬だから寒いし…と言ってずっと引きこもるのはもったいない!ので、是非足を運んでみてくださいね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top