トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

若草山の山焼き 2017年の日程と見どころ

スポンサードリンク

京都では夏になると、送り火などで山で火を灯す行事が行われますが、
なんと冬でも「山焼き」なる行事が行われているところがあるんです。

その場所というのが奈良県の奈良公園。
観光地として有名なこの場所には、若草山という
3つの山が重なった別名“三笠山”があり、ここに火をつけて燃やす…というのが山焼きです。

では、毎年冬になると行われる山焼きの、詳しい情報をチェックしていきましょう。

yamayaki

若草山の山焼き 2017年の日程

・日にち:2017年1月28日(土)
※雨天延期

・時間:18時30分〜点火
※18時15分ごろ〜花火予定

・場所:奈良公園、若草山一帯

毎年1月の第4土曜日に行われてきた山焼きは、
天気がよければ2017年も開催される予定なので、
奈良にお出かけした時には是非見に行ってみてください。

山焼きは夜に火がつけられるので、暗闇と炎の明るさのギャップは、
まるで夜景を見ているかのような気分にさせてくれますよ。

若草山の山焼きの歴史と由来

この山焼きは、若草山の山頂にある古墳におさめられた霊魂を鎮めるための祭礼と言われていて、
年内〜翌年の1月までに焼いておかないと悪いことが起こる…と考えられて始まりました。

他にも、春日大社と興福寺、東大寺との争いが元となっている説や、
野焼きをして春の芽吹きに備えるためだという説があるなど、
様々な理由が秘められているようです。

現在でもこうした意味合いが込められていますが、それと同時に
山の火災予防の意識を高める意味もあります。

若草山の山焼きの見どころ

若草山全体に火が行き届き、暗い夜に赤く山の姿が浮かび上がるのがなんとも壮大です。

そのため、山のふもとで見てももちろん綺麗ですが、
ちょっと遠く離れたところから眺めるのがオススメ!

若草山の山焼きのおすすめスポット

・奈良公園春日野園地
・浮雲園地
・平城宮跡

などがあります。

特に春日野園地は東大寺の大仏殿や南大門を望むこともできるという、
一石二鳥な夜景スポットなんです。

さらに、古都・奈良の都である平城宮跡は山からは遠いものの、
そこから眺める山焼きはオツなもの。
とっても贅沢な気分にさせてくれますよ。

若草山の山焼きを見に行きたいという方は、奈良公園から徒歩で移動するのが便利です。
奈良公園までは電車やバスに利用が手軽なので、近鉄奈良駅もしくはJR奈良駅で下車すると
移動が楽になりますよ。

山焼き当日は、昼頃から各種イベントが開催される予定となっているので、
夜だけでなく1日かけて奈良公園とその周辺でのお祭り気分を味わってみてください。

奈良公園には鹿もいますし、子どもも大人もゆっくり散策して、
冬の奈良観光を思い切り楽しみましょう。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top