トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

飛騨古川三寺まいり 2017年の日程と見どころ

スポンサードリンク

出会いがない…
婚活が上手くいかない…
そんな風に悩む女性が増えてきている現代。

冬は特に寂しく感じてしまうものですが、そんな時こそ“縁結び”のご利益があるお寺へと、
着物で着飾ってお出かけしてみませんか?

毎年1月に岐阜県飛騨古川で行われる「三寺まいり」は、
『♪嫁を見立ての三寺参り〜』と小唄に唄われているくらい、
縁結びにご利益があるお参りなんです。

hida

日程が決まっていますので、気になる方はしっかりチェックしてみてくださいね。

飛騨古川三寺まいり 2017年の日程

・日にち:2017年1月15日(日)

・場所:飛騨古川町 本光寺、真宗寺、円光寺

・着物予約は飛騨市観光協会へ問い合わせ(着付つき)

飛騨古川三寺まいりの歴史と由来

この、飛騨古川三寺まいりは、昔信州へと出稼ぎに行った年頃の女性たちが、
故郷へと帰ってくる際にそれぞれ思い思いに着飾って寺へ参拝に出かけたところ、
男女の出会いがたくさん発生して結ばれた…と言われています。

元々は浄土真宗の親鸞聖人を偲んで参拝するものでしたが、
多くの幸せが生まれたことで、縁結びにご利益があるという話が言い伝えられてきました。

なんと、300年以上も昔から続いている伝統的な行事でもあるんですよ。

素敵なお相手を探しているという方はもちろん、夫婦円満、
恋人の結びつきを強くすることから、カップルで訪れる方も多数います。

飛騨古川三寺まいりの見どころ

でも、お参りするだけなんて地味だなあと感じる方もいるかもしれません。
ここで注目してほしいのは、三寺まいりは夜に参拝するというところ。

夜のお寺だからこそキレイに映えるもの…
そう、ろうそくの灯りがとっても幻想的な雰囲気を作り出してくれるんです。

瀬戸川沿いにろうそくの明かりが無数にともるのですが、
白いろうそくと赤いろうそくとがあります。

これは、恋愛成就・縁結びをお願いするときには白い方を、
そして願いがかなった時には赤いろうそくをともすという風習があるからです。

赤いろうそくの数だけ幸せが生まれた…と感じることができる、という
なんとも素敵な風習になっているんですね。

飛騨古川三寺まいりの交通アクセス

飛騨古川の3つのお寺を巡る三寺まいりには、車で行くと移動に便利です。

しかし、冬の飛騨は雪道となるので、タイヤはスタッドレスの装備が必要となるでしょう。

駐車場として、飛騨市役所と若宮駐車場が無料で開かれているので、
そちらを利用してください。

遠方から電車を利用する場合は、JR高山本線の飛騨古川駅で下車すれば
徒歩5分ほどでお寺に到着できます。

遠方から訪れるという時には、参拝が組み込まれたツアーも各種あるので、
飛騨をゆっくりと楽しむ旅行のプランとして考えてみるのもオススメですよ。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top