トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

神戸ルミナリエ 2016年の日程と見どころ

スポンサードリンク

毎年恒例となっているイルミネーションのイベントと言えば、
kober」ですよね。

クリスマスシーズンに先駆けて行われている神戸ルミナリエは、
始まってから20年以上が経ちました。

今年、2016年も12月に開催される運びとなっていますので、
まずはその日程を確認しておきましょう。

神戸ルミナリエ 2016年の日程

・日にち:2016年12月2日(金)〜11日(日)

・点灯時間帯:
<月〜木>18時〜21時30分
<金>17時〜22時
<土>17時〜22時
<日>17時〜21時30分

・場所:旧外国人居留地、東遊園地

※強い雨などの場合は点灯見送りもあり

神戸ルミナリエの交通アクセス

神戸ルミナリエは毎年非常に多くの人が訪れていて、
今年も約300万人の人手が予想されています。

そのため、車での移動は非常に困難ですし、電車などの場合も混雑することは必至です。
できれば平日に訪れる方が、ゆっくりと楽しむことができるでしょう。

会場となっている旧外国人居留地には、JR線「元町駅」、
阪急「三宮駅」から徒歩10分ほどで到着します。
阪急「花隅駅」からも15分あれば着きますので、車よりは便利に行き来できます。

車で遠方から訪れるという方の場合は、日中から駐車場を確保しておき、
周辺観光をしつつ夜になったらルミナリエへ…というコースがオススメです。

さて、実は神戸ルミナリエは運営コストがかかってしまうために、
開催するのが困難ではないか…とも言われています。

今年もこうして無事に開催できるというのは、とても喜ばしいことなんですね。

阪神・淡路大震災の追悼の意味から始まったイベントでなので、
そこから20数年『災害を忘れない』という気持ちを守り続けていくことを、
これからも継続していければと思うばかりです。

年間を通じて募金の募集がされているので、
運営に協力したいという方は銀行振込やWEB募金で参加してみてくださいね。

神戸ルミナリエの見どころ

そんな神戸ルミナリエは毎年テーマが決められているのですが、
2016年のテーマはまだ詳細が出ていません。

しかし、昨年も話題となった屋根付き回廊の「ガレリアコペルタ」や、
光のトンネルとその入り口を飾っている「フロントーネ」は見ものです。

樹木などに飾られることが多いイルミネーションとは一味違い、
光の芸術ということがひしひしと伝わってくる美しさです。

写真撮影のスポットとしても最適なので、インスタグラムなどをやっている方にとっては、
必ず押さえておきたいショットとなるでしょう。

ルミナリエの会場近くには、カフェやアトリエなどが並ぶ通りもあるので、
一休みするのにももってこい。

冬を彩る光の芸術といえば神戸ルミナリエ!
始めていくという方も、何度も足を運んでいるという方も、是非足を運んでみては。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top