トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

龍馬まつり 2016年の日程と見どころ

スポンサードリンク

戦国時代も歴史好きには熱い時代ですが、幕末の時代も負けず劣らず人気です。
その人気を担っている一人の人物が坂本龍馬ではないでしょうか。

幕府を倒すか、外国と手を結ぶか、天皇を尊重するか…など
日本国内が意見の相違で荒れてしまっていた幕末に、
国を一つにまとめようと邁進した高知の英雄・坂本龍馬。

その龍馬の命日である11月15日に、
京都霊山護国神社で毎年行われているのが「龍馬まつり」です。

ryoma

全国から龍馬ファンが集まるこの行事について、
詳しくご紹介していきたいと思います。

龍馬まつり 2016年の日程

・日にち:2016年11月15日(火)
・時間:15時30分〜
・場所:京都霊山護国神社(京都市東山区清閑寺)

龍馬まつり 交通アクセス

京都市内は車での移動よりも、電車やバスなどを利用する方が楽に移動できます。

会場となる神社へは、京都駅から市バス206系統、
四条烏丸駅と四条河原駅からは207系統などを利用し、東山安井バス停から
徒歩10分ほどで到着します。

バスの種類が多いので、進行方向などをしっかり確認してから利用してください。

龍馬まつりの見どころ

龍馬まつりは、坂本龍馬が中岡慎太郎と共に暗殺された11月15日にちなみ、
龍馬の墓前で彼らを偲んで行われるお祭りです。

祭自体は15時くらいから開始となっていますが、
12時頃からは墓前に供えた軍鶏鍋が振る舞われたり、各種イベントが開催されています。

そのため、参拝者の数は午後に向けてどんどん増えていきますので、
訪れる時間帯にも気を付けておきたいところです。

特にこの軍鶏鍋は用意されている量にも限りがあるので、
食べたい!という方は早めに神社へ行きましょう。

軍鶏鍋は、寒い夜に龍馬が食べたいと所望した食べ物であり、
その材料を用意している最中に暗殺されてしまった…というエピソードがある高知の郷土料理。

墓前に捧げてから参拝者に振る舞われるため、龍馬と共に食事をしている気持ちになりつつ、
龍馬とその盟友である中岡慎太郎の熱い想いに触れることができる、そんなお鍋なんですね。

他にも、お祭り中は、会場内で高知の名物が販売されていたり、
龍馬グッズも盛りだくさんの、ファンにはたまらない時間となっています。

平日でも2日間で5000人以上が参拝したことがある、というのが龍馬まつりのすごいところ。

京都霊山護国神社の中の龍馬の墓までの道のりは坂道なのですが、
それを登っていくと京都の町を一望できるベストスポットにたどり着きます。

幕末の動乱の時代に静かに気持ちをトリップさせながら、
英雄たちが散ったその日にタイムスリップするつもりで、是非お出かけしてみてくださいね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top