トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とアスペルガー症候群の違いをわかりやすく解説します

スポンサードリンク

子供のころからなんだか周りと違う気がする…という親の不安から、
検査をしてみたら発達障害だったという結果が出てくることもあります。

発達障害には様々な症状があり細かく分類されているため、
発達障害だからと言ってもその子供たちをひとくくりにすることはできません。

その中でも、「アスペルガー症候群」と「ADHD」は、
非常に症状がよく似ていると言われています。

ここで、この2つの障害について症状の違いをまとめてみました。

f8e0795173779770d9bf031d56e8f342_s

発達障害の分類

まず、発達障害には、

・広汎性発達障害
・学習障害
・注意欠陥障害

という分類があります。

この中で、アスペルガー症候群は“広汎性発達障害”に分類され、
ADHDは“注意欠陥障害”のことを指しています。

そもそもの分類が違っているのです。

アスペルガー症候群の症状

アスペルガー症候群には、3つの主な症状があります。

・コミュニケーションがうまくとれない

表面上はうまく接しているように見えても、実は言葉の裏を読んだり、
相手の気持ちを思いやることが難しく、言葉そのものの意味でしか
捉えられないという側面があります。

また、人との距離感をつかむことが苦手だという面もあります。

・対人関係を良好に築けない

所謂、空気を読むということができないため、相手の気持ちを理解することが難しく、
自己中心的に見えてしまうことが多々あります。

社会のルールやその場の雰囲気を壊す人物だという認識をされやすいです。

・物事へのこだわりが強い

興味を持ったものや、特定の作業などに尋常でないほど執着する傾向があります。
そして、その中に規則性を見出すと、その規則を破ることを嫌がってしまい、
その影響で日常生活が困難になる場合があります。

ADHDの症状

ADHDには、

・注意力散漫で集中力がない
・じっとしていられない
・思いついたことを行動に移してしまったり、怒りを抑えられない

という3つの大きな症状があります。

これは、よくよく見ているとアスペルガー症候群と似ている部分もあるのですが、
少しずつ違う面があります。

まず、注意力散漫で物忘れなども激しいため、時に対人関係が危うくなることがありますが、
アスペルガー症候群と異なり、周りの気持ちを汲み取って話すことができるので、
例えば謝罪してその場をやり過ごすことなどができます。

また、何かに集中すると時間を忘れるほど没頭するアスペルガー症候群とは真逆に、
こだわりを持って物事をこなすのは苦手で、集中力がないという特徴があります。

さらに、衝動的な面を持っている場合には、計画的に物事を進めるのが難しく、
仕事にも支障が出やすいです。
しかし、アスペルガー症候群の場合は、計画を立てるとそれに集中しすぎて応用が利かない…
という違いがあります。

まとめ

このように、似ている面ももちろんもっていますが、アスペルガー症候群と
ADHDとは明確な違いがあります。

障害としての分類も異なるので、自分や家族がこの診断をされたときに、
正しく障害を理解するように努めたいですね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top