トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ユネスコの無形文化遺産に登録!秩父夜祭 2016年の日程と見どころ

スポンサードリンク

冬は寒くて楽しいことがない…と思っている方、ちょっと待ってください!
日本には、冬にこそ盛り上がるお祭りがたくさんあるんです。

その中のひとつに「秩父夜祭」があります。

この「秩父夜祭」はユネスコの無形文化遺産に登録されました。

秩父夜祭は京都の祇園祭、飛騨の高山祭と並ぶ“日本三大曳山祭”や
“三大美祭”に数えられている有名なお祭りなんです。

その歴史は実に300年以上に及び、毎年18〜20万人もの人が訪れるとされています。

titibu

では、まず秩父夜祭の日程をチェックしていきましょう。

秩父夜祭 2016年の日程

・日にち:2016年12月2日(金)、3日(土)

・例大祭は1日〜6日まで行われているが、2日の宵宮、3日の大祭がメイン

・花火は両日上がる予定

・場所:埼玉県秩父市・秩父神社にて

秩父夜祭の歴史と由来

秩父夜祭は冬に行われるお祭りなので、主に秋の豊富な収穫の喜びを分かち合って、
1年間の仕事をねぎらうために行われてきました。

一方で、秩父神社の女神である妙見様と武甲山にいる神である蔵王権現が、
1年に1度だけ逢える日であり、それをお祝いしたという説もあります。

ちなみに、秩父神社はパワースポットとして多くの観光客が訪れる神社でもあるんですよ。

秩父夜祭の見どころ

さて、そんな秩父夜祭の見どころと言えば、やはり3日(土)に行われる大祭です。

大祭では、豪華な造りの4台の大きな屋台と笠鉾が、
祭りならではの囃子にのって引き回される様子に会場がとことん盛り上がります。

この屋台は国の指定重要有形民俗文化財にも指定されているんですよ。

そんな大きな屋台が、狭い団子坂を引き上げられるところは必見!
お祭りのクライマックスなので、まばたきも禁止です。

夜祭というだけあり、無数の提灯やぼんぼりの灯りが幻想的なのと同時に、
花火の音や光も相まってグングン熱が上がっていくのが解ります。

“三大美祭”と呼ばれているにふさわしいその美しさと迫力を、しっかり堪能したいですね。

お祭りに欠かせない出店も、毎年1000店以上あるとのこと。
こちらも見逃せないポイントです。

花火は、2日は19時から、3日は20時から打ち上がる予定となっており、
天候が悪くても実施される予定です。

スターマインや仕掛け花火を含めて約7000発もの花火が打ち上がるので、
こちらも見逃せません。

秩父夜祭の交通アクセス

花火自体は羊山公園で行われますので、最寄りの西部鉄道・秩父駅から
徒歩で向かうのがスムーズです。

車で行く場合には、秩父神社でも羊山公園でも、臨時駐車場の数に限りがあるので要注意。
公共交通機関を利用する方が無難でしょう。

交通規制が敷かれるため、通れなくなるところを確認しておくことも必要です。

お祭りとは言え冬に行われるものなので、
防寒対策はしっかりと行ってからお出かけしてください。

冬ならではの澄んだ空に上がる花火と、歴史ある屋台と笠鉾とのコラボレーションを、
是非見に行ってみてくださいね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top