トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ステロイド薬の副作用の特徴と治し方

スポンサードリンク

アトピー性皮膚炎の治療や、一般的な湿疹が発生した時などに
処方されるのが「ステロイド」の塗り薬やクリームです。

ステロイドと聞くと、イメージとしては、

・使っているともっと酷くなる
・使うのを止めると症状が悪化して意味がない
・副作用が強いから使わない方が良い

というものが多く浮かんでくるでしょう。

しかし、これらはステロイドに対する悪いイメージが煽られてしまった結果であり、
正しく使えば効果的な治療薬であることは確かなのです。

大切なのは、ステロイドを正しく使う知識と、副作用が出た時の対処法です。

146939

ステロイド薬の特徴

ステロイド薬は、アレルギー反応を強力に抑えてくれる薬で、
アトピーの治療以外にも、急性アレルギーなどの治療にも使われます。

顔に使う物、体に使う物、粘膜に使う物…と、使用場所によって
含まれるステロイド物質の強さが異なり、医師はそれを考慮して
適切なステロイドを処方してくれます。

ステロイドの副作用

ステロイド薬は、患部に塗ることで、そこで起きているアレルギー反応や
皮膚の炎症を強く抑え込んで、鎮静する働きがあります。

しかし、それにともなって皮膚に常に存在している「常在菌」を殺菌してしまうため、
皮膚の自浄作用が一時的にうまくいかなくなります。

するとその結果、皮膚の角質層がはがれやすくなって乾燥肌になったり、
皮膚が薄くなって毛細血管が目立って赤味が強くなってしまうなど、
見た目があまりきれいでなくなります。

また、アレルギー反応を抑えるという事は、免疫反応を弱めているということなので、
感染症に弱くなることも。カンジダやヘルペスなどを発症しやすくなるので、
特に小さなお子さんの場合は注意が必要です。

ステロイドの副作用を治すには?

ステロイドを使って副作用が生じた時には、速やかに医師に相談するのが適切な対処です。
しかし、他に自宅で副作用を和らげる方法も少なからずあります。

乾燥肌が酷くなってしまった時には、とにかく肌を保湿して、
刺激を与えないようにすることが先決です。

・ボディタオルを使わない→手のひらで洗う
・敏感肌用、無添加などの石鹸洗浄剤で洗う
・お風呂やシャワーの湯温を低めに設定する
・肌着をコットンにし、化繊を避ける
・痒みが出てしまったら、保冷材などで患部を冷やす

このように、肌を自分で守っていくことで、症状を緩和することができるでしょう。

他にも、ステロイドと一緒に保湿剤を処方されることもあるので、
その場合には保湿剤も使用しながら、肌の様子をしっかり観察していきましょう。

ステロイドは、正しく使っていれば怖い薬ではありません。
解らないことや不安なことは医師に相談し、問題なく使えるようにしていきたいですね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top