トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

清水みなと祭り 2016年の日程と見どころ

スポンサードリンク

夏祭りには花火がつきものですが、それだけではもったいないものです。
夏だからこそ楽しめるお祭りなら、「清水みなと祭り」へお出かけしてみてください。

静岡県清水市で毎年行われるこのお祭りは、花火大会はもちろんのこと、
浴衣で踊り練り歩く総踊りや、港で踊る総踊りなど、
夏だからこそ楽しめる内容が充実しています。

simizu

花火大会時は混雑が予想されますが、穴場スポットもあるので要チェックです。

清水みなと祭り 2016年の日程

・日にち:2016年8月5日(金)、6日(土)、7日(日)
荒天の場合は中止

・場所:清水港周辺、港橋など

・花火開始時間:7日(日)19時〜

花火大会は清水港の日の出埠頭から見物するのが一番適していますが、
非常に混みあう場所でもあります。

清水みなと祭りの穴場スポット

そんなときは少し移動して、三保内浜海水浴場や、
エスパルスドリームプラザから見物するのがオススメです。

特に、エスパルスドリームプラザでは、視界が開けて花火全体を楽しむことができます。
きらきら輝く絵を見ているような気分になれるんです。

とはいえ、時間ぎりぎりの到着だと、これらの場所でも見づらさがあるかもしれません。
余裕をもって行動していきたいですね。

清水みなと祭りの交通アクセス

会場自体へのアクセスは、少し歩きますが電車で最寄りまで移動するのが無難です。

・JR清水駅から徒歩20分、バスで10分

・バス波止場フェルケール博物館下車徒歩3分

・静岡鉄道清水駅から徒歩15分

花火大会当日は交通規制が早い段階で敷かれているので、
清水港周辺は車での移動が難しくなります。
こういった電車やバスを利用して、サクサクと移動していきたいですね。

また、5日、6日に行われる総踊りや港での総踊りの影響で、
清水橋〜清水駅前、港橋の周辺でも車は通りづらくなるので要注意です。

清水みなと祭りの見どころ

さて、そんな清水みなと祭りの一番の見どころは何といっても最終日の花火大会です。

海上で行われる花火大会なので、船の上から打ち上げられるのが特徴。
1時間で1万発の打ち上げが予定されています。

各種打ち上げ、スターマイン、子供たちから募集した夢を花火にした“夢花火”など、
花火の種類も様々楽しめるのがいいですね。

清水は日本全国からでも訪れやすい日本の中心部に位置しているので、
夏の旅行ついでに清水みなと祭りを楽しむのもオススメです。

港らしく、おいしい海の幸もたくさんあり、それらを使った料理屋さんも豊富なので、
ちょっとした食べ歩きもできちゃいます。

夏にしか楽しめない清水を、思う存分満喫してくださいね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top