トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

足利花火大会 2016年の日程と見どころ

スポンサードリンク

夏と言えばたくさんの楽しいイベントが待っていますが、
やはり外せないのは花火大会ですよね!

全国に花火大会は数ありますが、100年以上の歴史ある花火大会と聞くと、
行ってみたいな〜と思いませんか?

さて、それは一体どこの花火大会なのかというと…
栃木県足利市で行われる「足利花火大会」です!

ashikaga2

明治36年(1903年)から始まったこの花火大会は、
2016年で102回目を数えます。

そんな歴史ある花火大会の日程や、
混みあう中での穴場情報などをお伝えしていこうと思います。

足利花火大会 2016年の日程

・2016年8月6日(土)
・雨天の場合は翌日に順延します
・打上時間:19時〜20時45分ごろまで
・場所:渡良瀬川田中橋下流域の河川敷(栃木県足利市田中町)

会場へ行く際は車だと激しい渋滞に巻き込まれてしまい、
花火どころではなくなってしまいます。
公共の交通機関を利用するのが最適です。

最寄り駅はJR足利駅となっていて、徒歩5分ほどで打ち上げ場所へ到着します。

もし、どうしても車で行かなければならないときは、かなり余裕をもって行動し、
当日用意されている小学校やショッピングセンターなどの臨時駐車場を確認し、
無理のない計画を立てておきたいところです。

栃木県内で第2位、約40万人という観客動員数を誇る花火大会なので、
当日の混雑を甘く見ないようにしたいですね。

足利花火大会の見どころ

さて、足利花火大会では約20000発の花火が打ち上げられます。

開始から最後までどこを見てもクライマックス!?と思えるくらい、
眼前にたくさんの花火が打ち上がるのは、息を飲むのと同時に
一瞬たりとも目を離すことはできないでしょう。

尺玉花火はもちろんのこと、多数の仕掛け花火ができるのも、
河川敷で行われるからこその醍醐味。

また、最大の見どころとなるフィナーレには、
迫力あるナイアガラやスターマインが用意されています。
終わった後のちょっと切ないような気持ちも、花火大会ならではの楽しみですね。

足利花火大会の穴場スポット

このように、目を離せない足利花火大会を満喫するには、
混雑の中で見るよりも穴場スポットで少しでもまったりと楽しみたいですよね。

そんな時は、

・織姫公園(足利市西宮町)
・アピタ足利店屋上(足利市朝倉町)
・ヨークベニマル足利店屋上(足利市朝倉町)

など、見やすいスポットを探してみてくださいね。

特に、アピタやヨークベニマルなどの商業施設の場合は、
食べ物や飲み物、トイレに困らないので、お子さん連れにもおススメのスポットです。

もっと近くで、しっかり満喫したい!という方は、
競争率は高いですが有料席をゲットしてみてください。

定員5名分の桟敷席は17000円、
10名が入れる1区画分の観覧席は8000円となっています。
有料席の割合が増えてきているということなので、ゆったりと、
そして近くで楽しみたい方は、是非購入してみては。

足利花火大会は、歴史ある大きな花火大会です。
駅からのアクセスが良いので、気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top