トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

赤ちゃんのアレルギー検査@知っておきたい費用と注意点

スポンサードリンク

最近は食物アレルギーの子供が増えています。
親なら自分の子供のアレルギーが気になりますよね。

できれば、赤ちゃんのうちにきちんとアレルギー検査をしておきたいもの。

そこで、赤ちゃんのアレルギー検査について、
知っておきたい費用と注意点をご紹介したいと思います。

33853279eb07e6dbf58d2a50541d5d22_s

赤ちゃんのアレルギー検査はいつやる?

赤ちゃんは通常生後5〜6ヶ月くらいから離乳食を摂ります。
実際に離乳食を与える前にアレルギー検査をする親御さんもいます。

こうした親は自分がアレルギー体質であることが多く、
自分の子供も早めに検査をしておきたいと考えるからです。

もしあなたが該当するようであれば、
離乳食を与える前にアレルギー検査を受けさせるといいでしょう。

一方、親がアレルギー体質でない場合は、
もう少し様子を見てもいいでしょう。
具体的な時期でいうと、1歳以降でも大丈夫です。

赤ちゃんのアレルギーが疑われる症状

赤ちゃんがアレルギーを発症した場合、
以下のような症状が出ます。

○口の周りや肌に痒みが出る
○目の痒みや鼻水が出る
○皮膚に発疹が出る

上記のような症状が繰り返し続く場合は
何らかのアレルギー反応が起きている可能性が高いです。
病院に行って検査してもらいましょう。

赤ちゃんのアレルギー検査のやり方

アレルギー検査の方法は以下の3つが一般的です。

①血液検査

採血をして血液を調べます。
ただし、赤ちゃんの採血は非常にやりづらく、
身体に負担をかけることがあるので注意が必要です。
そのため、何かアレルギーのような症状が出たら、
検査するというのでも大丈夫です。

②皮膚検査

皮膚検査は3つの方法があります。

○スクラッチテスト
皮膚にアレルギー物質をつけて、
針で肌に少し傷をつけ15分ほど様子を見ます。

○皮内テスト
皮膚の中にアレルギー物質を針で注入して様子を見ます。

○パッチテスト
アレルギー物質を肌に2日程度貼り付け様子を見ます。

③負荷試験
負荷試験は、原因と考えられるアレルギー物質を摂取させて、
反応が出るかどうかを見る検査です。
場合によっては入院による検査が必要になります。

赤ちゃんのアレルギー検査の費用

アレルギー検査は一般的には保険が適用されます。
ただし、アレルギー症状が出ていない状態で、
検査をする場合は全額自己負担になります。

費用は検査項目や方法によって異なりますが、
保険適用で3割負担の場合、3,000円から8,000円ほどです。
自己負担の場合は1〜3万円と高額な費用がかかります。

まとめ

離乳食は赤ちゃんにとって生まれて初めて口にするものばかりです。
なかには身体に合わないものも出てくることがあるはずです。

子供をアレルギーから守ってあげられるのは親しかいません。
アレルギーのような症状が出たら早めに検査することをおすすめします。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top