トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

前田敦子が超本気モード!ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」の衝撃!

スポンサードリンク

元AKBで女優の前田敦子さんが4月20日スタートの
連続深夜ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系・毎週水曜0:10〜)に
主演することが明らかになりました。

内容を聞いて驚いたのが、前田敦子さんの本気度です。
アイドルから完全に脱皮をはかっているなと
思わせるような役柄に挑戦しているのです。

・出典前田敦子、主演ドラマで超恋愛体質の政治記者役二股&不倫描く | ORICON STYLE

そこで、この話題を早速取り上げてみたいと思います。

「毒島ゆり子のせきらら日記」のあらすじ

前田さんが演じる主人公毒島ゆり子は、
超恋愛体質の政治記者です。

ゆり子は幼い頃、父親に裏切られた経験から男を信じることが
できなくなっていました。
そのため、恋愛をするときに「彼氏を二人作る」というルールを
自分で設けていました。

そんな彼女は、ライバル会社のエリート記者と恋に落ちます。

番組では、恋愛と政治をテーマにしたドロドロの恋愛劇が展開。
前田さんの大胆なシーンも毎回見どころです。

「毒島ゆり子のせきらら日記」の主なキャスト

・毒島ゆり子(前田敦子)
あけぼの新聞政治部で大物政治家の黒田田助の番記者。

・小津翔太(新井浩文)
あけぼの新聞のライバル社「共和新聞」のエース政治記者。

・幅美登里(渡辺大知)
ゆり子と4年間同棲中の売れないミュージシャン。

黒田田助(片岡鶴太郎)
与党・誠心党の幹事長。グループの議員120人以上の派閥の領袖。

他にも、八木将康、山崎銀之丞、近藤芳正、今藤洋子、
前田公輝、中村静香、諸見里大介、友川かずき
などが出演しています。

前田敦子さんのドラマへの思い

前田さんは今回のドラマについて、
次のようにコメントしています。

「初めて台本を読んだ時
『ドラマでここまで描いちゃっていいのかな?』と思った反面、
『ここまでやっていいんだ。おもしろいな!』と感じました」

ゆり子役については、
「自分とは全く違うキャラクターですし、
開き直って“せきらら”なゆり子の恋愛や働きぶりを
演じて、この役を楽しめたらいいな」

「世の中の女の子の姿をすごくリアルに描いているので、
『そうだよね』と共感していただける部分もあると思います。
コミカルな描写も多いですし、ゆり子の生活の裏側を
覗く感じで気軽にみていただけたら」

・出典 ORICON STYLE

AKB卒業後の前田敦子さんの評価

AKB48で頂点を極め、2012年8月に卒業した前田敦子さん。

卒業後は数々の映画やドラマに出演していますが、
女優としての評価はかなり高いようです。

初の出演映画「苦役列車」での演技は業界で絶賛され、
数々の賞受賞しています。

時代劇に挑戦したドラマ「あさきゆめみし 〜八百屋お七異聞」は
今ひとつの評価でしたが、
映画「クロユリ団地」「もらとりあむタマ子」は好評でした。

「太陽2068」という舞台作品にも出演していますが、
鬼の演出家と言われる蜷川幸雄さんからも高い評価を得ています。

映画にはその後も出演しており、
「さよなら歌舞伎町」「イニシエーション・ラブ」は、
いずれも評判が良かったようです。

ドラマ「ど根性ガエル」は賛否両論でした。

映画に比べて、テレビドラマの評価は
もう一歩のようですが、
女優としての演技力はかなり高いとみて、
間違いないでしょう。

今回の「毒島ゆり子のせきらら日記」は、
ドラマにかける意気込みが感じられます。

「毒島ゆり子のせきらら日記」ネットで先行上映

前田敦子さん主演の「毒島ゆり子のせきらら日記」は、
4月16日、動画配信サイト「ニコニコ生放送」で先行上映されます。

アイドル完全脱皮をはかる前田さんの
超本気モードの演技、今から楽しみですね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top