トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

山あげ祭 2016年の日程と見どころ

スポンサードリンク

夏が来ると暑くてどこにも行きたくない…なんて思ってしまいがちですが、
涼しい観光地へのおでかけなら行きたくなりますよね。

避暑地といえば那須が有名ですが、せっかくなら
話題のお祭りを見に行ってみるのがオススメ。

那須で7月に行われる話題のお祭りと言えば…「山あげ祭」です。

yamaage

山あげ祭は400年以上の歴史を持つお祭りで、
ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

山あげ祭は那須烏山市にある八雲神社の例大祭の中で行われる奉納行事。
歌舞伎の舞台が特に有名なんですよ。

“山あげ”という言葉も、歌舞伎の移動舞台の背景に使う紙製の山を
組み立てることを指しています。

山あげ祭は烏山市の6つの町によって持ち回りで行っていて、
それぞれに特色ある方法が用いられています。

山あげ祭 2016年の日程

そんな山あげ祭は、毎年7月の第4週の金〜日曜日の3日間で行われています。
詳細は7月まで不明な点が多いため、昨年までの例となりますが、
その通りであれば、2016年は7月22日〜24日の予定となるでしょう。

場所は山あげ会館や八雲神社を始めとして、様々な個所になります。
山あげ会館には歌舞伎の舞台の展示も常時行われているので、
お祭りついでに見てみると興味深そうですよ。

山あげ祭 2016年の見どころ

さて、そんな山あげ祭の見どころは、
なんといっても一大イベントの“ぶんぬき”です。

ぶんぬきというのは、屋台同士が同じ場所で居合わせた時に、
バトルを繰り広げるというもの。

屋台同士、担ぐ男たち同士のぶつかりあいは大迫力そして熱気がすごいんです。
日本のお祭りらしい、情熱を感じることができるでしょう。

ぶんぬきは具体的にどの場所で、何時に…ということは決まっていません。

お祭り期間中には多数の休憩場所が用意されるので、適度にお休みを取りながら、
ぶんぬきに出会えるように散策をしてみてください。
より多くの人がいるところを目指してみるのもいいかもしれませんね。

山あげ祭 2016年の交通アクセス

山あげ祭中には、日曜日の23時から八雲神社周辺で道路の規制が敷かれるため、
車で行くという方は注意しておいてください。

駐車場がないわけではないですが、スムーズにお祭りを過ごしたいという方は、
公共交通機関を利用する方が好ましいでしょう。

神社の奉納行事とは言え、お祭りとして確立している日本人らしいお祭り。

商店街からの出店も、美味しいお酒や食べ物が目当ての人には非常にオススメです。
神社のお祭りというと、しめやかなイメージが大きいですが、
それに反して力強く、夏らしい熱いのが山あげ祭です!

夏の暑さよりももっと熱いひと時を楽しみに、是非出かけてみてくださいね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top