トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

ファクトリエ(Factelier)が手がける日本初の工場通販とは?

スポンサードリンク

2016年4月7日放送の「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)は、
「ファクトリエ」というアパレルブランドを紹介していました。

代表の山田敏夫氏が日本全国を歩き回って見つけた工場と
提携してアパレル製品を売るというもので、
創業わずか4年で年間売上高は10億円を突破しているそうです。

・出典:2016年4月7日放送 ファクトリエ 代表 山田 敏夫(やまだ としお)氏|カンブリア宮殿:テレビ東京

このビジネス成功のキーワードは「工場通販」
そこで、工場通販とは何か?について調べてみました。

ファクトリエ(Factelier)とは?

ファクトリエの創業は2012年。
「日本が世界に誇る技術を残したい」という
山田さんの熱い思いで誕生しました。

中国を初めとするアジアの工場の台頭で、
「Made in Japan」の衣料品は今や3%に過ぎません。

そこで、高度な技術力がありながら、
閉鎖していく縫製工場に目を付けて、
立ち上げたブランドが「ファクトリエ」です。

ファクトリエの工場通販の仕組み

現在、ファクトリエは全国34の提携工場で作られた
アパレル製品をネットで販売していますが、
その仕組みがとてもユニークです。

・販売価格は工場が決める
・工場の取り分は50%
・工場の名前入り商品タグ

工場で作られた製品が直接消費者に届く
仕組みを導入することによって、
工場はやる気を出し、技術力を惜しみなく
投入できるという訳です。

しかも、商品には工場や職人の物語が紹介されていて、
希望者には工場見学ツアーまで行っています。

徹底的に工場にこだわっているのです。

ファクトリエ成功の道のり

代表の山田さんはなかなかのイケメンですが、
創業した当初は夜行バスに乗って縫製工場を
訪ね回ったそうで、その数は年200カ所以上だったとか。

タウンページで地元の工場を調べたり、
住民に聞き込みをしたりしたそうで、
そのしつこさに不審者扱いされたこともあったとか。

しかし、その情熱が工場を突き動かし、
今の成功につながったのです。

ちなみに、山田さんの座右の銘は、
「“やらないリスク”より“やるリスク”を取れ」
だそうです。

ファクトリエの商品

ファクトリエの工場通販商品は、
以下のサイトで買うことができます。

ファクトリエ – 世界に誇る「Made in Japan」

通販サイトをざっと見てみましたが、
シンプルなデザインで良質そうな商品ばかりでした。

まとめ

日本の優れたモノづくりを再生させたいという
山田さんの情熱で誕生したファクトリエ。

工場思いの工場通販という仕組みを導入したのが、
成功の秘訣だったのかもしれませんね。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top