トレンドキャッチ

話のネタがきっと見つかる!

スポンサードリンク

Read Article

北海道神宮例大祭 2016年の日程と見どころ

スポンサードリンク

北海道といえば、冬の気候はとても厳しいものですが、
夏が近づくととても過ごしやすくなります。

北海道に、そんな夏の訪れを告げるお祭りとして有名なのが、
「北海道神宮例大祭」です。

hokkaidorei

この例大祭は“札幌まつり”という別名でも親しまれていて、
札幌の中で一番大きな神社である北海道神宮で行われます。

札幌は北海道の中でも大きな都市ですが、
北海道神宮例大祭は都会のあわただしさとは打って変わって、
伝統ある雰囲気を感じることができるお祭りなんです。

北海道神宮例大祭 2016年の日程

北海道神宮例大祭は毎年6月14日〜16日の3日間で行われます。
2016年もこの3日間での開催となります。

火曜日から木曜日まで、平日の開催なのですが、
毎年平日でも非常にたくさんの人が訪れるので、
今年も例にもれず大盛況になるのではないでしょうか。

北海道神宮例大祭 2016年の見どころ

さて、そんな北海道神宮例大祭の見どころといえば、
やはり最終日に行われる“神輿渡御”ですね。

お神輿が札幌の街を練り歩くのですが、平安時代の華やかな絵巻物を思わせる
衣装をまとった人たちの行列は一瞬息を飲む迫力。

行列に参加する人の数は1000人以上とも言われていて、
それに加えて御神輿が街中を渡る姿は圧巻です。

この行列は、市民の皆さんも沿道で見守ります。
これが、札幌に夏の到来を告げる風物詩のひとつなのです。

神輿渡御は16日の朝9時〜夕方4時過ぎまで1日かけて行われます。
でも、見ているだけじゃ退屈しちゃいそう…という方は、
出店を思い切り楽しむのもオススメです。

北海道神宮例大祭の出店は、北海道神宮と中島公園に並びます。
特に、中島公園の中には500店舗ほどの出店が!

それぞれのお店の色とりどりの屋台は、見ているだけでも楽しいです。
でも、せっかくなら美味しいものをたくさん食べないともったいないですよね。

お子さんと一緒に訪れている方は、お子さんが退屈しないように、
ゲームや遊びができる出店も要チェックです。

中には、ゆっくり食べられるようにとイスが用意されている場所もあるので、
お昼時には余裕をもって美味しいものを楽しみたいですね。

中島公園の出店は連日夜遅くまで営業してくれている店舗もあるので、
1日中たっぷり楽しめますよ。

この、出店が並ぶ中島公園自体も、日本庭園が造られていたり、
川の遊び場などが充実しています。

人ごみで疲れてしまった時には、公園の癒しの空気に
触れてみるのもいいかもしれませんね。

北海道神宮例大祭 2016年の交通アクセス

北海道神宮例大祭へは、地下鉄を利用するのがオススメ!
駐車場は限られるので、会場と離れたところに止めておいて、
地下鉄で移動するといいですよ。

伝統ある風景が、北海道に夏を連れてくる…。
そんな素敵なお祭りを楽しみに、是非でかけてみてください。

  • ピックアップ
  • カテゴリー
Return Top